オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2008年07月16日

made in Italyが強い理由-『イタリア式ブランドビジネスの育て方』

■服好きからビジネスマンまで、読んでおきたい一冊

イタリア式ブランドビジネスの育て方イタリア式ブランドビジネスの育て方
小林 元

日経BP社 2007-11-21
売り上げランキング : 24568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんだかんだ言ってもmade in Italyを見ると安心感がある、高級感がある、
こうやって日本人は、いつの間にか育てられてきました。そもそもなんで
made in Italyは強いの?というのを解説しているのがこの本、
『イタリア式ブランドビジネスの育て方』。ちょっと心理学的要素も入りますが、
丁寧に理由が書かれていて、サイズもコンパクトなのでサクっと読めます。

そして、made in Italyが強い理由を説明した後、日本のブランドのラグジュア
リー化はどうしたらできるかについて説明をしています。

 

この本の一貫として主張していることは、3つに分けられます。

1】イタリアのラグジュアリーブランドの商品の価値は、40%が商品、30%が
ライフスタイルの提案、30%がイタリアという国が持つイメージ。

2】日本には仏教哲学、わびさびに代表される深い精神性を備えた文化
がある。その価値は日本人よりも世界の知識人のほうが認めている。日本
の経営者はもっとこの文化を知り、胸を張って売れ。

3】柄物のタオルに群がるマスに溺れず、上質な無地のタオルのよさを分かる
人を育てよう→「圧倒的に上質なテイスト、高価格、わずかに品薄」これが
キーポイント。

 

<目次>

1章日本発ラグジュアリーブランドはいまだ存在しない

2章消費者は変わった

3章日本がQCDモデルを卒業するとき

4章イタリア人の手で開花した東レの極細繊維

5章イタリアはいかにしてラグジュアリーブランド王国を創り上げたか

6章中小企業間の連携による日本のラグジュアリーブランドの芽生え

7章ジャパンクール

8章大衆が日本文化創造の主たる担い手だった

9章日本発ラグジュアリーブランドの創造に向けて

『イタリア式ブランドビジネスの育て方』を読んでいて、made in Italyが強い理由
は、根本的に生産・販売のコンセプトが日本より顧客起点であることにつきます。

日本は戦後、高度経済成長期を経験し、アメリカ型のビジネスモデル品質(Quality)
に優れ、コスト(Cost)の安い製品を、短納期(Deliverry)で供給するQDCモデルが
流行りました。それをもっと効率的に行ったのが、ギャップやユニクロなどのSPA
(製造小売)というモデルです。これで日本人は満足していたんですが、21世紀に
なって変わった。崩壊したということが書かれています。

日本の人口減少も相まって、モノが余る時代になった昨今、「欠乏社会→意味社会」、
「生活の量→生活の質」に変わった、と述べられています。よって、個を大切にし、
個のライフスタイルあった特品づくりが大切だと主張されています。画一的な商品、
コモディティはもう消費者には受け入れられないということですね。

その個に特化した経営をしてきたのが、イタリア式マーケティング。感性マーケティング
と言っています。商品の持つ機能性(用)と生活者のライフスタイルや価値感(美)の
創造と提供こそが大切であって、それを実現するためにはマスマーケティングは無理で、
リッチ層か順リッチ層に訴求するという考え方です。

この美について、具体的に言うとルネッサーンス♪ではなくて、イタリア・ルネサンス期の
思想「人間主義の開花こそが美」ということです。これを、イタリアのラグジュアリー
ブランドは取り入れて、世界へと拡がった。マスじゃダメなんです。個なんです。

そして、自我を抑制する熟成したイタリア市民が創り出すデザインは、共生のデザイン
と呼んでいます。つまり、イタリア人はドレスコードだけでなく、自分を良く知っていると。
それを、イタリアの企業はよく熟知して見合ったアイテムを供給していったことに、
お互いの合致があった、ということが言えると思います。

イタリアとは違うけど、日本人もだんだん個の価値感、ライフスタイルを重要視する
ようになり、同じ柄モノなんかは嫌がりますよね。個性に目覚め、自分の感性
に合う商品を求める消費者が出現したというのが大きい。差別化なんていう言葉じゃ
おさまらなくなってきたわけで、これらの背景から上述のイタリア式ブランドビジネス
「用と美の融合」が日本でも重要であることが、続きに書いてあります。

ブランドで言うと、まさにジョルジオアルマーニが代表的な存在。イタリアの美の代表
格として説明されています。当時、紳士用ジャケットが神聖だった状況のなか、革命
を起こしたのです。それはジャケットの脱神聖化、リラックス化、大衆化です。黒、
ベージュ、グレーなどイタリア大衆が、生活の中心にしているシックなものに仕上げた。

しかし、大衆といっても質と価格は、アッパーミドルクラスより上の層。装いの大衆化
に成功したのです。人の装いは人間らしくなければいけないという、これまたルネサンス
時代の哲学を見事に表現しました。この辺は、服好きの人には面白いと思う。

この美というのが、日本だと江戸文化、仏教哲学、わびさびなどのことです。
現在で言えば、宮崎駿アニメのことが日本を代表する美の例として載っています。

僕も、かねてからドメスティックブランドには可能性がたくさんあると思っていました。
日本人の技術力の高さと創造力の高さは、世界にもっと主張してもいいと。その
ためには、アメリカ型経営でおなじみの短期経営ではなくて、長期的に辛抱強く
ブランドを育成していくプロセスが必要なのかなぁ、と思いました。でも、日本の99%
のファッションブランド企業が、明日をどう乗り切るか、という経済環境なのも事実で、
この本にそのことをが載っていないのが、ちょっと残念ですが、全体的にかなり分かり
やすいので、オススメです。

 

posted by No.9 at 18:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生の著書を引用させていただいて、プロモーションの視点からブランド構築について論文を書きましたが、なかなか共感を得ることはできません。先生のように文化や社会に造詣を持つブランド論は少ないです。一度私の論文を批評してください。イタリアのラグジュアリーブランドを参考に日本型ブランドの構築について考察しました。
Posted by 中野恭子 at 2016年05月10日 16:43
>中野恭子さん、コメントありがとうございます。
こちらは、先代のブロガーの武欄堂さんが書いた記事なので、お返事できかねます。
ご希望に添えず、申し訳ありません。
論文制作、頑張って下さい。
Posted by No.9 at 2016年05月10日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103003233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック