オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2008年08月03日

20代後半の安価なファッションスタイルを考察

■はっきり言って定番とかオーソドックスではないが、低価格でカッコイイ

はてな界隈で今、ファッション指南が流行っています。
ファッションに興味が出てきたやつにオススメする10アイテム
大学生ファッションを脱出するための10アイテム
脱大学生ファッションの基本を考える
どれも含蓄ある意見に頭が下がります。そしてそして、最後にとどめ
として、Elasticのdaleさんが25歳からのオーソドックスなスタイルを考える
を指南。最強にして一点の突っ込みどころもなし。万人ウケ間違いなし。

僕の出る幕はないなぁ・・・と思っていたんですが、そういえば、本ブログの
もともとの目的である安く手に入れるという発想を入れたら、オリジナルが
書けるのではないか・・・ということで原点回帰も意識しつつ、安くても
上質なアイテムでつくる、ツッコミどころ満載のファッション指南を書くことに
決定。重点は「安いけど上質」、定番や一般ウケはあまり考えていま
せん。でも結構地味にお洒落なはず(笑)ご覧ください。

 

┏ジャケット┏ 

ジャケット及びブレザー:サルトリア・ラトレ

目標50,000円台以下

ジャケットとブレザーそれぞれご紹介します。ジャケットとブレザーの違い
は簡単に言うと、ブレザーのほうがスポーティ仕様であることです。
ブレザーのほうが若々しく見えるのが本当なんですが、世の親父さんの
マストアイテムになっているのが日本の構図。

■□ファクトリーブランドをねらえ!□■

サルトリオ・ラトレはイタリアにあるファクトリー。老舗の紳士服店でも取り
扱っていますが、なにせ値段が安い。BEYESでも取り扱っていますが、
Super120'Sの生地を使っても、定価51,450円。安いです。この工場の仕立て
には密かに定評があり、日本人仕様にスーツも仕立てています。そもそも
有名なブランド物は、皆名前代みたいなものがあって、値段が上乗せ
されています。なので、そのブランドが生産を依頼するファクトリーブランド
をねらうんです。そうすれば、名前代は取られません。安く買う知恵。
このサルトリア・ラトレのジャケットのアウトレットとなると26,000円台で手に
入ります。それが三井アウトレットパーク入間のクアリタリア

このジャケットのシングル、1ボタンか2ボタン。丈短め。紺でもよいですが、
あえてベージュやモカブラウンを買ってみても、ウェストがしぼってあるため、
全体的に若々しく見えます。まずは、今着ているであろう大量紳士服店の
ジャケットを持ってお品を見に行ってみてください。そして触ってみてください。
着てみてください。違いに驚きますから。

 

┏シャツ┏

ブルックスブラザーズのBDシャツ

トーマス・メイソンゴールドラインのハンドメイドシャツ

目標15,000円台以下

ブルックスブラザーズは、前まではボックス型といって身幅が広かった。しかし、
昨今のアメリカントラッド再流行の影響で、身幅をせまくしアームホールを小さく
した日本人仕様のものが10,500円という安値で販売されています。これは
1枚持っておいたほうがいいでしょう。ジャケットやブレザーとの相性も抜群。
あとは、トーマスメイソン。シャツ生地屋で200年もの歴史を持つ老舗です。
ここの最高級にあたるゴールドラインが13,000円で買えます。ユニバーサル
ランゲージにあるんだけど、まだあるかな?140番手の生地を使っていて、
トロトロのビーフシチュー・・・じゃなくて着心地でたまんないです。しかも
ハンドメイド!

他には、ギ・ローバーやフェアファクス、伊勢丹オリジナルも大人のシャツとして
オススメ。

 

┏パンツ┏

ジーンズ リーバイス501 

スラックス バーバリー 三陽商会

目標15,000円台以下

リーバイス501は、13,000円台で頑張っている定番中の定番ですが、今回
ディテールが変わって新定番となります。ちょっとスリムになるんです。
そんなときに、手に入れない理由はないな、と。ジャケット+シャツ+ジーンズ
は大人の着こなしとしてもありですし。アーキュエットステッチは大人のお洒落
にも、アクセントとして通じるところがあります。

スラックスといえば、インコテックスですが高いのでパス。バーバリーです。
しかも、いまはなき、三陽商会のもの。手に入れるなら三陽GBアウトレットです。
6,000円くらいで手に入っていたんですが、どうだろう、もうないかな?結構
古着屋とかならあるかもしれないですね。値段のわりにつくりがいいのが
ポイント。

 

┏革靴┏

リーガルか伊勢丹メンズ館オリジナルのドレスシューズ(ストレートチップ)

目標40,000円台以下

ジョンロブ、クロケット&ジョーンズ、エドワード・グリーンなどを推したいのは
やまやまですが、お値段が40,000円台以下で素晴らしい出来、かつ、日本人の
足に合うといったらリーガルか伊勢丹のオリジナルでしょう。基本的にマッケイ
製法のハンドメイドで作られています。中にはグッドイヤーウェルト製法という
大変頑強に作られているものもあります。最近の日本の靴は、とてもクオリティー
が高く、山口千尋さんのお弟子さんなども、活躍されています。イギリスの靴は
元祖でそれはそれで素晴らしいんですが、日本の靴を見直して欲しいな、と
思います。必ずストレートチップにしましょう。靴の形です。どこでも通じます。

靴は10万円からという人もいますが、これはある種シューズメーカーの
刷り込みもある、ということがアパレル関係者から聞いてわかりました。
40,000円でも良い靴はたくさんあります。

 

┏鞄┏

吉田カバン(ポーター)のナイロンかレザーバッグ。

目標:ナイロン18,000円台、レザー40,000円台以下

ポーターは、はてなではパスのようですが、僕は逆に推したい。
ポーターをガキ扱いしているのは、ポーターのすごさをわかっていない人
です。イギリスの人気雑誌「MONOCLE」の編集長タイラー・ブリュレ氏は、
ポーターを含めた吉田カバンがお気に入りですし、ポーター自体海外に
出展しており、パリのコレットでも取り扱われているので、決して世界的に
見ても劣っていないと思います。

オロビアンコ、ダニエル&ボブ、フェリージ、エッティンガー、などいろいろ
見てきましたが、最終的に吉田カバンだなぁ、という気分になりました。
日本の様々な技法を駆使して、日本人仕様に作り続けているブランド。
そしてインポートに比べて安い。ポーターと1つ言っても今は選択肢が
多い。

ポーターの京都丹後地方の伝統的な織物「ちりめん」を使ったシリーズ、
TANGO BLACKなんかは18,000円台。吉田カバンのレザーブリーフケース
は40,000円台。とてもお洒落です。

普遍性があるアイテムとしてオススメしたい。今度出るハイラインの
「YOSHIDA & CO.」も興味深い。 

 

┏Tシャツ┏

ユニクロプレミアムコットンTシャツ

Elasticと同じ見解なのが、これです。セールなら790円で手に入ります。文章
の丈が長くなるので詳しくは、僕の書いた記事をお読みください。詳細が
載っています。

 

┏スニーカー┏

オニツカタイガーの復刻版

ジャックパーセル

目標15,000円台以下

1949年から、日本人のアスリートの足元を支えてきた老舗ブランド。
「もともとはスポーツを通じて青少年の健全な育成を」というコンセプトから
生まれたブランドです。お値段は9,000円台から。アッパーは天然皮革で、
アウターソールはラバーを使い、日本人が履きやすいように計算されて
います。若者の間で人気になっていますが、20代、30代でも全然大丈夫。
モダンにフォルムも少しだけせばめに出来ていて、すっきりしています。
復刻版がレトロでカッコイイのでオススメ。南大沢や入間などのアウトレット
でぜひ買ってください。アンダー8,000円です。
あとは、個人的にジャックパーセルも安いのでオススメ。 男らしさとキレイ
目スニーカーとして注目されていますし、コンバース100周年なので。

 

┏ポロシャツ┏

セレクトショップのオリジナルポロシャツ

目標9,000円以下

バランタインでもないかぎり、ポロシャツは値段が拮抗しているので
大体定番ではないものを選びましょう。ラコステ、ラルフローレン、
モンクレール、フレッドペリーはなし。ロゴ大好き人間の方は、20代後半
からのファッションを考える場合、改めたほうが逆にお洒落になります。
セレクトショップのオリジナルのポロシャツがいいです。本当にお買い得。
ビームスかユナイテッドアローズのアウトレットに行きましょう。夏のセール
なら7,000円くらいで買えるはず。エディフィスなんかはシルケット加工
コットンを使った艶やかな天竺素材を使用。それで9,000円台は安い。

 

┏ニット┏

エディフィスのシルクニット

目標10,000円台以下

シルク100%にもかかわらず、定価で11,500円は異常な安さ。中間コスト
を省いたことが要因だとか。

 

 

このくらいにしておきます。秋冬用はリクエストがあれば、またやり
ます(笑)僕の場合、最初でも述べましたが、いかに安く、上質で、
質実剛健なものを選ぶかに焦点をあてました。だからあまり定番という
ものは入ってないし、定番を知りたければファッション誌を読まれるのが
一番だと思います。僕は服オタではありませんが、自分の経験として
書かせて頂きました。 チョイスにいろいろ偏っているのは甘受します。

でも、20代後半で上記のものを着ていても恥ずかしくないという自信
はあります。

スーツ、ブルゾンなどのアウター類など特に高価なものは、ファクトリー
ブランドをねらうんです。例えば、ドルガバのファクトリーブランドは、
ITTIERREであるとか、名前代のないもの、かつ、脱モード(クラシック)
なデザインを選んでいけば、意外にも安く手に入ります。
それから、上記のものは、全て定価自体安い、あるいはアウトレットで
安く手に入れられるものです。そして、その中でも末永く使えるアイテム
をチョイスしました。 古着屋でも売っています。

あとは付け加えれば、日本のブランドを多く紹介したことですね。
日本仕様は一回モードを見てから帰ってくるといいですよ。安いしアーム
ホールなども小さめにできて体にフィットしますし。

動き回れば、上記のアイテム全てを100,000円以下で手に入れる
こともできますし、一工夫で安く買える場合があるんです。今回は全く
ヤフオクに頼らず書き上げました。 結構頑張りました。

これらをどんな形でもいいから参考にして頂けたら幸です。脱オタだろう
と脱モードだろうと・・・万人ウケは保証しません(笑)

20代後半の安価なファッションスタイル・続き

 

posted by No.9 at 18:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー参考にさせていただきます。笑

サルトリオ・ラトレは知らなかったので今度見てみますね。

トーマスメイソンはユニバーサルランゲージで見ましたけど、
そこまで良いとは思えなかったんですよね。
確かに生地は良いんですが。
1万円付近ならフェアファクスを個人的には推しますね。
ギ・ローバーのポロシャツを先日セールで買いましたが、
1枚で様になって非常に重宝しています。

自分のスタイルは大学生ファッション臭さもあったり、モードかぶれだったりする上、
最近は更にクラシックスタイルにかなり興味がいってるので
よくわからないことになっています…。
Posted by aki at 2008年08月03日 22:01
> aki さんへ

モードとクラシックを合わせるのも全然ありだと思いますよ。(^ ^
Posted by 武欄堂 at 2008年08月04日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104112193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック