オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2008年12月20日

結局今年は「ユニクロ」の一人勝ち?2008年の顔となったらしい

■2008の流行、キーワードランキングからまとめてみる

結果的に見て、2008年は軒並み減益で苦しかったアパレル業界で
すが、あらゆる面で勝ったのがユニクロH&Mではなかったようです。
どのくらい勝ったのかを、いろいろあげてみたいと思います。

2008年、気になったものはアレ/誠

 2008年に「購入・利用したもの」を聞くと、「プレミアムローストコーヒー(マクドナルド)」(14%)がトップ。以下、「糖質・糖類ゼロ商品」(12%)、「ファンタ ふるふるシェイカー」(11%)、「UT(ユニクロのTシャツ)」(11%)、「崖の上のポニョ」(11%)が続いた。

まずは、2008年購入した商品・サービスでユニクロUTが4位にランクイン。
のべ1,000万人動員して「崖の上のポニョ」と同率。ということは、「誠」には
書かれていませんが、のべ1,000万人がユニクロUTを買ったということに
なります。おそるべし、ファストファッション。

ユニクロのヒットメーカーが大賞を受賞/日経ビジネスオンライン

その年に活躍した女性を表彰する、「日経WOMAN」最大のアワード「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」が、記念すべき10回目を迎えた。今年の顔に選ばれた女性たちは、どんな面々なのか。125日、東京・六本木ヒルズで行われた表彰式の様子をリポートする。 

総合ベスト10にランキングされたのは、NHK大河ドラマ「篤姫」の脚本を手がけた田渕久美子さん(3位)、大手ゼネコンで初の女性現場管理職となった鹿島建設東京土木支店裏高尾JV工事事務所副所長の須田久美子さん(5位)、日本初の有人宇宙施設「きぼう」の管制責任者フライトディレクタに就任した宇宙航空研究開発機構の松浦真弓さん(9位)など、多彩な顔ぶれ。そして今年の“顔”とも言える大賞受賞者は、ユニクロの執行役員・白井恵美さんだ。

1年を通じて、平均視聴率24.5%を叩き出した大河ドラマ、「篤姫」の脚本を
担当した田淵久美子さんを突き放して、ユニクロの執行役員である
白井恵美さんが1位。 白井さんは、300万枚売れた「ブラトップ」、2000万枚
売れている「ヒートテック」の開発者の1人。ヒットメーカーでございます。
ここで一言「あなた神か・・・」
白井さんが「今年の顔」となりました。おめでとうございます。

 

 

 

「今年の社長」に柳井正氏 ユニクロで独り勝ち/MSN産経ニュース

産業能率大学は17日、企業経営者に対するアンケートを発表、経営手腕が最も優れている「今年の社長」に、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が選ばれた。消費不振の中、「ユニクロ」でヒット商品を連発し、業績を「独り勝ち」状態にした手腕が評価され、2位以下に大差を付けた。調査は同大学が12月上旬に実施。従業員10人以上の中小企業を中心とする経営者365人から回答を得た。

社員も今年の顔なら、社長も今年の顔ということで。仲良く1位です。
ちなみに、2位はソフトバンクの孫正義氏、3位がパナソニックの大坪
文雄氏という超大企業のトップ中のトップです。この辺からもユニクロの
地に足のついた経営手法の効果が表れているような気がします。

以上のように、2008年のキーワード、2008年の顔という消費者の記憶の
上の部分に「ユニクロ」が陣取った1年でした。なぜこんなに売れたのか、
ということは日経トレンディネットでも書かれているので読んでもらいたい
のですが、やはりオリジナルの総合的な商品力があったからだと思います。

商品の機能性の向上、また若干マイナーチェンジをしてシルエットをモダン
にしているところ(これは、まだ気付かれていない点もありますが)、さらに、
カラバリも効いていますね。この辺が強い。

あとはイメージです。販売促進の新しい可能性を自分達で構築したこと。
「ブラトップ」「ヒートテック」といったネーミングから広告、抜かりのない
正攻法できたことが成功の秘訣かと・・・。詳しくは、以下にある過去の
記事をご覧頂ければ、と思います。

2008年はユニクロ完勝の年でした。H&Mは日本で順調のようですが、
本場ストックホルムを中心にドイツ市場の売上が落ち込んだようです。
これは世界経済不況のあおりを受けたことが原因のようです。詳しくは、
日経ネットをご覧ください。

来年の2009年はいろんな意味でアパレル業界にとって正念場となる
かもしれません。

関連:ユニクロの広告が成功した3つの理由

関連:H&Mとユニクロ 世界のデザイナーとコラボする理由の違い



posted by No.9 at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック