オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年02月15日

分析:ファストファッションブランドのポジショニングマップ

■ファストファッションの知覚マップで各ブランドのポジションを探る

ファストファッションブランドのポジショニングマップができましたので公開及び
簡単な考察を書きます。ポジショニングマップとは知覚マップとも
いって、我々、消費者の記憶の中で形成されているイメージを、
統計分析によって、見れるように表現したもの。だから、これからお見せ
するポジショニングマップは、私が適当に、勘で各ブランドを設置したので
はなく、サンプルを取って、統計分析にかけて出した結果です。本当なら、
始めに分析手続きをダラダラ書くんですが、これは論文ではないので、
先に結果を載せます。どうぞー。

map.jpg

 各ブランド名とカラー(マップ上の色)      X値  Y値

H&M 1.3404 0.3472
UNIQRO(ユニクロ) -1.8756 -0.4563
ZARA 1.3115 0.0788
GAP -0.899 -0.879
COMME CA ISM (コムサイズム) 0.5791 0.2348
Shimamura(しまむら) -1.1745 1.9678
HARE(ハレ) 1.1722 -0.2701
topshop/topman(トップマン) 0.7335 -0.5153
mujirushi(無印良品) -1.6369 -0.5247
American aparell(アメリカンアパレル 0.4493 0.0168

 

 

 

・ポジショニングマップのX軸Y軸について

まず、今回の分析を行うにあたり、103人もの被験者から
サンプルを集めました。そのうち、91名のデータを使い分析を行いました。
採用されたサンプルは、上記の10個のブランドを知っている人達です。
年齢は20歳から36歳までの男性です。大変だった(汗)

上記の図と各ブランドのポジションと、あわせながらご覧頂きたいんですが、
ポジショニングマップのX軸が「トレンド(コンサバティブ-トレンド重視)」、Y軸を
「手軽さ(品質重視-お手軽)」と設定しました。
この2次元の軸に関しては、配置された各ブランドの分布の様子から客観的に
考えて、要因として決めました。X軸の「トレンド」は簡単に分かると思います。
X軸、Y軸ともに-2.5から2.5までと散らばりました。ちなみに類似度データから
算出したため、値がマイナスだからといって「悪い」というイメージではない
というところをあらかじめ憶えておいてください。 あくまで分布がポイント。

さて、X軸ですが、プラスにいくほどH&M ZARA HARE topshop/topman
と順に並んでいます。そして、マイナスになるほどユニクロ 無印良品 GAP
といったブランドが並んでいるので、X軸を「トレンド」として軸にすることが
妥当だと思います。

解釈が難しかったのはY軸だったんです。マップをご覧になればおわかりの
通り、「しまむら」以外フラットなんです。あまり散らばっていない。しいて言え
ば、GAP ユニクロ 無印良品 トップマン がY軸の下のほうにあります。
この4つに共通するのは品質の良さ。ファストファッションの中では高品質
です。だからY軸のマイナスを品質重視としました。ただ、ハレもギリで並ん
でいるので一概に言い切れない面もある。

「しまむら」が離れ小島になっています。他のどのファストファッションにも
似ていないというイメージが強かったのでしょう。最初は、欠損値として
はじこうかと思ったのですが、ブランド数が10個未満になり分析の意味
がなくなってくるので採用しました。そこで、しまむらのダントツなイメージ
は、ファストファッションの中で一番手軽なのかな、と解釈し「お手軽」と
しました。 品質重視の逆ということで、しまむらは品質が悪いのか、という
ご意見があると思いますが、それよりも驚異の手軽さほうに注目していき
たいと思います。

以下、分析のプロセスを書くので、興味のない人は下のポジショニング
マップを考察をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・統計分析の手続き(段取り) "Multi Dimensional Scaling"

ブランド(刺激語)は、全部で10個選びました。この基準は、以前本ブログで
質問したときに回答を頂いた有名ファストファッションブランドです。アバクロ
とかレイジブルー ベネトン ライトオンなどもありましたが、そこまで把握して
いる人が少ないので、上記の10個となりました。 
アンケートは類似度で調査を行いました。アンケートの例を1つ。

 

次のブランドは似ていますか?

1、ユニクロとH&M

非常に  どちらとも 非常に

似ている いえない  似ていない

7 6 5 4 3 2 1



このような質問を全部で45問つくりました。
何を持って似ているかは、被験者次第。これで被験者の各ブランドの
主観的イメージがわかるわけです。ちなみに7点尺度で行いました。
それをもとに、順位データによる対称行列をつくりました。
これを多次元尺度構成法(MDS)という統計分析にかけて結果を出しました。
なお、使った統計ソフトはSPSSです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・ポジショニングマップを考察

では、上記のことを把握してもらいつつ、ポジショニングマップを
見てください。どんな分布をしているでしょうか?わかりやすいのは
X軸(トレンド)の分布の具合。トレンド重視であるプラスで、特に値が高い
H&M ZARA HAREは消費者のイメージ上被っています。やっぱりこの辺が
競合ですね。ちょいと離れたトップマンは、Y軸の品質重視にもあたっています。
結構いいポジションかもしれない。

X軸(トレンド)のコンサバティブにはユニクロ 無印良品 GAP。特にユニクロ
は地味なイメージが高いですが、これこそが今年度売れたポジションでした。
3ブランドともY軸の品質重視のほうに分布されています。

最後に、ポジショニングマップ内にある大理石と水玉の楕円について。

dairiseki.jpgmizutama.jpg

【トレンド重視-お手軽】 【トレンド重視-品質重視】

これらは、消費者イメージの中にあるビジネスチャンスのある領域、つまり潜在
市場です。ブランド数が10個だったので、もっと増やせばこの領域に分布する
ものもでてくるかもしれませんが、まだ有名とはいえないので、チャンスのある
ところです。特に水玉領域は、「安かろう良かろう」というコストのかかる難しい
所ですが、今日の厳しい経済状況から見て、始めから「無理」と無視はでき
ないと思います。

最後に、あくまでこれは統計分析という色眼鏡を通して見たポジションです。
多次元尺度構成法にも限界があるため、参考程度にしておいてください。
とはいえ、自分の勘でポジショニングをするのとは説明力の強さが違ってくる
のも事実です。

以上、考察を書いてみました。ご参考になれば幸いです。

関連:ファッションブランドのポジショニングマップ



posted by No.9 at 18:39 | Comment(5) | TrackBack(0) | 分析(統計解析) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうコンテンツがあってこそブランドファッション通信ですよね。
今後も期待してます。
ヤフオクの情報とかまた無いですかね。
Posted by 川久保 at 2009年02月15日 21:02
品質の反対が難しいですよね。ユニクロのように低コスト、高品質(ファストファッションの中では)を実現している企業もありますし。HAREやH&Mみたいな、低コスト低クオリティ高トレンドなら分かりやすいんですが
Posted by at 2009年02月15日 21:39
ハレの品質はもっと下です。
カットソーなんて一回洗ったら首周りデロンデロンですw
Posted by いっちー at 2009年02月15日 22:52
>川久保さんへ

オークファンが1部有料からタダにもどしたのであやしい統計がとれるかも?(笑)

>名無しさんへ

これからもっと認知されるブランドが増えて激化するでしょうから、差別化が必要ですね。
Posted by 武欄堂 at 2009年02月16日 00:59
>いっちーさんへ

まあまあ、統計学上の分布なので(苦笑)
Posted by 武欄堂 at 2009年02月16日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック