オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年05月29日

クリスチャン・ラクロワ、ヴェロニク・ブランキーノを襲った不況の悲劇 

■破産、ブランドの解散、信じられない事態がまたモードに降りかかる

現在に至るまで、モード界の中心をひた走るこの2つのブランド、デザイナー
に不況の波は容赦なく襲いました。そして、彼らはそれぞれの対応をとったわけ
でございます。

まずは、天下のクリスチャン・ラクロワ。なんと破産申したてを行いました。

クリスチャン・ラクロワが破産申し立て/モードプレス

フランスのファッションブランド「クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)」が28日、破産保護申請の第一段階として、パリの裁判所に破産を申し立てた。
クリスチャン・ラクロワは、フランスのファッション界で最も勢いのあるブランドのひとつで、現在は米免税店グループ、ファリック(Falic)が所有しているが、世界的な不況を受けた「高級品市場の急激な冷え込み」が原因で、パリ商事裁判所(Tribunal de Commerce de Paris)に破産を自己申告し、資産保全を求めたと発表した。

ただし同社は今後、再建計画を提示し、更生手続き期間中も操業を継続する意向を示している。

本当に驚きましたね。再生手続き期間中は操業するということですが、次の
ステップをなにかしらの形で進めるようにしてもらいたいものです。

ヴェロニク・ブランキーノはシグニチャーブランドを閉じます。解散です。

ヴェロニク・ブランキーノがブランドをクローズ…/Cluster

ヴェロニク・ブランキーノが、11年続けたブランドを閉じることになったようです。原因は秋冬オーダーのキャンセルと春夏コレクションの未払いらしいですが、ここにも不況の波が大きくのしかかった模様。

ヴェロニク自身にはベルギーのレザーブランド「デルボー(Delvaux)」のアーティスティック・ディレクターという、もうひとつの活躍の場があるので彼女のデザインが見られなくなる訳ではありませんが、非常に残念なニュースです。

ご存知、女性はもちろん、男性にも人気のヴェロニク・ブランキーノです。
僕個人も彼女のファンなので、残念でなりません。2年前くらいに、デニムライン
も立ち上げたはずなんですが、うまくいってなかったんですね。あとは夫?の
ラフシモンズが頑張るしかない・・・のかなぁ。

ほかに、今あぶないと分かっているブランドが2つ。トムブラウンとジャストカバリ
です。トムブラウンに関しては、もう本当に破産寸前まできている。信頼のおける
企業からの融資がない限り存続は厳しいとしか言えません。

ジャストカバリに関しては、母体となっていた企業であるIttierreが倒産したため、
デザイナーのロベルトカバリが持ち株をすべて売り払うしかない、ということで
話が進んでいたようですが、ここに来て一転、売らないという姿勢を表明し、
海外ファッションサイトで話題になっています。 「どっちなのよ!?カバリ」と。
どっちでもいいじゃないか・・・。Ittierreもいい生産技術持っていたのに残念。

潰れることはないにしても、アルマーニも減益。おまけに、アルマーニ本人肝炎で
ダウンしていました。もう若くないですものね。

以上のようなモードブランドの厳しい状況下では、耐久力がものをいうように
なってきます。ルイヴィトン、シャネル、エルメス以外のブランドがいきなり倒産、なん
てことが起こってもおかしくないのです。 ドルガバとか・・・大丈夫なのかな?

とはいえ、かつて世界一の販売量だった自動車のGMなんかが破産するかもしれ
ないんだから、もうなにがなんだか・・・。

関連:トムブラウンの最高経営責任者と最高財務責任者が会社を去り、以前経営難  



posted by No.9 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック