オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年06月12日

「SENSE7月号」は、なんと祐真朋樹氏がスタイリングを担当!

祐真朋樹氏、ついにSENSEのディレクションも担当か?

SENSE (センス) 2009年 07月号 [雑誌] SENSE (センス) 2009年 07月号 [雑誌]

ラウンドハウス 2009-06-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

皆さん、「SENSE7月号」はちょっと注目ですよ。祐真朋樹氏がついに
SENSEのスタイリストとして本デビュー?しました。「BIG FUN OF THE SHIRT
祐真朋樹ディレクション!」と題して、男のダンディズムを強調していることが
コンセプトとして書かれてそうです。

シャツを中心に、SENSEの定番アイテムを華麗にスタイリング。表紙もその1つなん
ですが、ちょっとPOPEYEやメンズノンノとは違うテイストなのが面白い。かといって、
北原哲夫氏や野口強氏とも違う感じが絶妙ですね。

また、スタイリングに使う取り扱いアイテムは、今までのSENSEのアイテムなので、
そこも見所の1つ。クロムハーツ、リックオウエンス、トムフォード、テンダーロイン
など。特に、クロムハーツをたくさん使用していますが、祐真朋樹氏がクロムハーツ
を使ったスタイリングは、ほとんどないんじゃないでしょうか。

僕は、SENSEの愛読者で何年も毎月読んできましたが、昨年まで祐真朋樹氏の
華麗でフェミニンなスタイリングは、全くSENSEとは世界観が違うと思っていました
し、現れるとは想像もしていませんでした。やっぱりロック、男くさい、黒、野暮で
上等、アメカジ、クロムハーツ、この辺がかつてスタイリングをしていた北原哲夫氏
の特徴で、媚びないところが結構好きでした。

それからしばらくして編集長が変わってから、SENSEの雰囲気もちょっと変わって
きたんですね。エルメネジルドゼニアを取り上げたり、男臭い?クロスセクシャルを
提案したり、スイーツ特集、バレンタイン特集までも取り扱うようになり、ロックな
印象は薄れていく一方、読者層は拡がったかもしれません。逆に「男らしい」という
言葉があんまり当てはまらなくなったのも感じていた。

そして、昨年から祐真朋樹氏が一番後ろのページにコラムを書くようになって、
先月の6月号では、コラムとは別にオン・オフタイムの着こなしを自ら出てきて紹介
していたので、なんかだんだんSENSEに露出が多くなったなぁ・・・と思ったら、
ついにディレクションですよ。驚いた。SENSEと祐真朋樹氏・・・ファッションスタイル
の提案だと、逆のベクトルのような気がする両者ですが、先ほども述べたようにPOP
EYEとは一味違った雰囲気のスタイリングは新鮮です。ぜひ、直接手にとってご覧に
なってみてください。旧SESNE陣営と祐真朋樹氏って、あんまり仲が良いという話
を聞いたことがないんですが、ここに来てついに・・・、なんて妄想したりしていま
す(笑)



posted by No.9 at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北原組長と師弟関係なのでどこかに通ずるものがあるのではとかなんとか考えてみる。
Posted by at 2009年06月13日 16:11
>名無し

そういえば、師弟愛・・・ここに来て
復活、なんてことも?
Posted by 武欄堂 at 2009年06月14日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック