オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年07月28日

百貨店の低価格衣料品PB(プライベートブランド)は成功するか? 

■「百貨店とは」という定義が時代とともに見直される重要な時期

百貨店、低価格戦略を加速 ミレニアム、衣料品PB参入/フジサンケイビジネスアイ

消費不況を打開しようと、百貨店各社が低価格戦略に拍車をかけている。傘下にそごう、西武百貨店を擁するミレニアムリテイリングは24日、メーカー品より割安なプライベートブランド(PB、自主企画)に9月から新規参入すると発表した。西武百貨店や高島屋も、低価格で人気の衣料専門店チェーン「ユニクロ」を都心部の店舗に誘致する方針を固めるなど、節約志向に対応した価格と店舗戦略で収益確保を図る作戦だ。

スーパーではビールのPB(プライベートブランド 小売店自主企画の商品)が人気の
ようですが、百貨店でも新PBの波が押し寄せています。コストもかからず、低価格で
勝負ができるところがウリ。先日書かせて頂いたユニクロの高島屋進出以外に、
各百貨店PBを広く展開してファストファッションにも対抗する動きが見られるように
感じます。

フジサンケイビジネスアイでは、わかり易く図表しされています。詳細はご覧頂き
たいのですが、こちらでも簡単に紹介します。

三越伊勢丹HD ドーランドハウスオブロンドン 最低価格48,000円

大丸、松坂屋 トロージャン ソフール 最低価格36.750円

西武、そごう リミテッドエディション 最低価格8,000円

高島屋 ピエールカルダン ア・エル 価格非公開

三越伊勢丹HDと大丸、松坂屋は紳士服でスーツ、コートなどのフォーマルな
アイテムが主だと思います。婦人服のリミテッドエディションはデザイナーに
田山淳朗氏を起用。話題性も大切にしています。

百貨店としては、まず店舗に入ってきてもらわないと話になりません。
セールを1年中やっている戦術も価格競争に巻き込まれているだけで、並んで
いるブランドのイメージも軽くなってしまいますし、よくないというのがセオリー。
そこで、各百貨店の安価(で品質もよい)なプライベートブランドをつくることに
よって、まず入ってきてもらう。その後、ほかの高級ブランド類を買ってもらえる
かどうかはまたその百貨店次第となるわけです。

価格的にはファストファッション並みのものもあれば、有名セレクトショップの
オリジナル並みのアイテムも揃っており、幅広い中間の価格設定となっていま
す。 よく言えばバリューフォーマネーかも?

 

 

 

個人的には、コストの面も考えて東京コレクション(JFW)に出る若手のデザイ
ナーや海外の新鋭デザイナーを抜擢するのもありなんじゃないか、と思うので
すが、リスクが大きいですかね?もちろん、誰でもいいわけではなくて、各百貨
店のチーフバイヤーが見つけてきた実力があると思われるデザイナー。チャンス
を与えれば話題性にもつながるし、ある意味、価格で勝負ではなくデザインで
勝負、という方向にPB戦争の軸を持っていくことができないかなぁ、と思って
いるところでございます。 これは思いつきなのであしからず。

ユニクロの高島屋進出でも書きましたが、「顧客層」というものをざっくりとリッチか
どうか(人口動態変数)という、超単純明快な分け方で考えるのではなく、顧客が
服を買う背景をずっと睨みつつ、顧客と百貨店PB商品の接点を結ぶ努力をしな
ければなりません。

例えば、今でいえば若者の男性が服を買う場合、古着、ファストファッションか、
モードブランド、その間にドメスティックブランドとか、セレクトショップのオリジナル
などが選択肢としてあるわけです。たぶんPBはご婦人方が多いんじゃないかと。
なので、今回投入する百貨店の新しいPBをどう記憶させ、想起させるかが鍵と
なってくるんじゃないかと考えています。

高級で贅沢なイメージを持つ「百貨店とは」ということを意識する方々もいると
思いますが、でき得る限りの柔軟性がないと生き残れません。破綻したら
おしまいですし。イメージと機能性のバランスを取る、高級感と実用性のハイブリット
ができたらよいかもしれませんが、これが至難の業。

PBは百貨店の顔にもなるし、パッとしないと、ますます客離れと同時にセールで
叩き売りが進んでいくので、やっぱりトータルで大切な存在になってくるかもしれ
ませんね。



posted by No.9 at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば大手セレクトのオリジナルは
明らかにPBなのにそう言いませんよね?
何故なんですかね?
Posted by at 2009年07月28日 19:17
>名無しさんへ

セレクトショップもPBです。たんにオリジナルといったほうが、聞こえがいいから、というのは聞いたことがありますが・・・。
Posted by 武欄堂 at 2009年07月29日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック