オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年09月27日

NY timesが考察する日本のファッション産業と経済不況   

■日本人はラグジュアリーブランドに興味なし、倹約こそが一番?

以前、日本の不況に関するNY timesの記事として、日本人は高級バッグを持た
ず、ブランドアイテムを入れる紙製のショッピングバッグをデイリーに使っている
なんていう内容をご紹介し、いろいろご意見を頂きました。
今回は、より経済寄りの内容なんですが、日本は新たな不況の時代を迎えて、
ブランド物には興味を示さず、倹約に努力していることが様々な例を通して書か
れていますので、ご紹介したいのですが、ポイントは、「デフレ(値下げ)と倹約の
ジレンマ」ということをNY timesは言いたいのだと思います。

Once Slave to Luxury, Japan Catches Thrift Bug/NY times

かつて、ラグジュアリーブランドの奴隷だった日本は、今では倹約の虫になって
いるという、なんとも辛らつな題名なんですが、これがNY timesの見方。
以下、NY timesの内容を簡単にまとめてみました。

そんなに昔でもありません。100ドルのメロンや1,000ドルのブランドバッグを、
買う日本人がたくさんいました。それはマスマーケットと考えられていた。
1990年代初頭からの不況による失われた10年でさえも、このマスマーケット
は支えられてきました。しかしながら、新たな不況は、このマスマーケット
を速く減少させ、日本人はウォルマートのような量販店のほうに目を
向けさせました。

ウォルマート傘下の西友は、7年間利益を上げられていませんでし
たが、昨年11月以来、そして今年も利益をあげるだろうと予測されてい
ます。一方、かつて万能だったラグジュアリーブティックがぐらつき始めました。

高級バッグで、日本人にもっとも人気のある、LVMHが持つルイヴィトンは、
2009年の上半期売上前年比20%ダウン。世界経済不況により、銀座での
大旗艦店のオープンも中止となったのは記憶に新しいです。

80年代のバブル期、90年代の不況においても、ルイヴィトンのバッグに
エルメスのスカーフは、女性にとってライフスタイルにおける定番でした。
そういえば、高校生でもルイヴィトンの財布、バッグを持っていましたね。

ところが現在、マッキンゼー&カンパニーのエコノミストによると、日本に
おける新世代のファッショニスタは決してラグジュアリーブランドに心を
動かされないと述べています。古着屋からみつけてきた服をミックス
させ、着こなすことを好みます。

19歳の女性は、「ルイヴィトンに興味がありません」と語る。「かつては
ルイヴィトンのバッグを持つことが当然という空気があったけど、今の若い子
はそんな風に思わない。」

今の日本市場は、製品に限らず安いことが、定番であるという環境になって
いる。例えば、国産の高級メロンの代わりに輸入の安価なバナナ。
36歳の女性は、「ブランド物を買うよりも他に費用をかけなければいけない
ことがあるから買わない。」と話す。

第一生命総合研究所の調査によると、雨の日でも倹約のため、タクシーを呼
ばずに歩く人が多い。
2008年の平均的な世帯支出は過去最高の69,059円低下して、平均年収は350
万円になり、再び低下すると予想されています、第一生命総合研究所のチーフ
エコノミストは述べています。日本は40兆円のデフレギャップに陥っていて、
完全失業率は5.7%になり、倹約ムードはさらに拍車がかかる。

経済不安と、国民の不満を背景に勝利した民主党は、子供手当てなど手厚い
補助金を出す。それを通して、家計所得を上げると約束しました。しかし、エコ
ノミストいわく、デフレサイクルにより起こる値下げ競争を止めることが難しいこ
とが証明されていることに懸念を抱いている。
例えば、ビール業界。発泡酒に第3のビール、量販店のPBなどで100円弱の
値段で販売していて、価格競争が激化している。

洋服ならg.u.。990円のジーンズ、続いて880円のジーンズが出てきています。
西友もこれらの価格帯でジーンズを販売する計画を立てているようです。

日本人の倹約志向は、ハンジローの成長に貢献しています。今年の4月、埼玉
の新しい店舗がオープンしたとき、1,000人が290円のTシャツを買うために並び
ました。

倹約に強い西友に関して言えば、298円の弁当。これも価格競争に火がつき、
独自の方法でコストを削減して販売しています。弁当が安いというのは、日本
のつましい生活をしている日本の消費者にとってあっていました。西友の戦略
は正しかったのです。

 

 

 

 

「“Price is No. 1 in my mind,”」これが今の日本人の心理状況・・・。
なんだか最後のほうは、ウォルマート万歳的なくだりが続いて、僕個人は
あまり納得できない部分もあるんですが、日本のファッション産業についてアメリ
カのメディアが書くことは、不況を必ずテーマにします。日本のエルメスが今全然
売れていない。百貨店の売上が低下。日本人の消費者の価値観の変化、すなら
ち脱ラグジュアリーブランド傾向にあることを意味しています。
僕はその内容ついての是非はこだわりませんが、言いたいことは1つ・・・。
そもそもアメリカの金融に大きな大きな問題と欠落があったことをどうか忘れ
ないで・・・ということです。

そして、いわゆるデフレスパイラルがさらに加速すると、ラグジュアリーブランド
だけでなく、日本の工場で生産しているドメスティックブランドがどんどん
消滅していくことになります。あのヨウジヤマモトも経営危機となり、国の支援
対策が必要であることが、アサヒドットコムでも書かれています。これは、しば
らく続く問題。極端な話、ユニクロだけしか残らないような時代だけは避けたい、
そう思ってしまうのは僕だけではないと思いますが・・・難しい。

【関連】

脱高級ブランドバッグの流れ:ブランドのショッピングバッグが人気?



posted by No.9 at 20:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タクシー(笑)は海外誌らしい
298の弁当は西友以外でもありますよ

ドメブラが消滅したら日本のファッション業界閉店ですね
Posted by at 2009年09月27日 21:07
ヴィトンを例えに倹約って言われてますけど、逆にいえば国内に目を向ける、向かせる時代って気もします。

海外生産低コストは財布には優しいけど、それによって国内の工場や雇用も減退してくって考えると、消費者のお金の使い方やメディアの目の向かせ方をもっと変えていくべきだと僕は思ってしまうのですが、武欄堂さんはどう思いますか??
Posted by at 2009年09月27日 23:48
>名無しさんへ

ちなみに僕もタクらないで歩いています。痩せるし(苦笑)

>名無しさんへ
>消費者のお金の使い方やメディアの目の向かせ方をもっと変えていくべき


僕もそう思いますが、まずメディアは広告次第で動くことが多いのが現状なのと、準拠集団についていかないと、時代に遅れるという日本人特有の意識がまだあって(これからは個々の時代ですが、まだ根強く残っています。)日本製のドメブラには厳しい時代なんです。あんまり詳しくお話できませんが、国内の工場は、低賃金で働いているところが多く厳しいそうです。そうしたシステムを抜本的に変えないと難しいかもしれません。
Posted by 武欄堂 at 2009年09月27日 23:57
倹約の虫。。
すごい言われよう(笑)

ほんと今のユニクロの勢いなら、多少なりともドメブラが消滅しそうですね。。

ユニクロだけしか残らない時代になってほしくないと、私も思っています。
Posted by U at 2009年09月27日 23:59
確かにユニクロだけがっていう状況はよくないし、面白くないですね。もう少し、日本国内のシステムをよくする必要があると思います。それがどういうモデルかは提案できないんで身勝手な意見ですけどw

しかし、国内産業保護とか言って衣料品だけっていうのも難しいんでしょうね。すべて国内で生産無理やり生産とかw
Posted by otis at 2009年09月28日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック