オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年11月02日

ユニクロ「+J」第2弾が明日販売、メンズがない1つの理由  

■やっぱりまだまだ20代、30代の女性の壁は厚いよう

ユニクロ、「+J」第2弾 11月3日に投入/日本繊維新聞

10月2日に販売を開始した「+J」は、予想をはるかに超える売れ行きとなった。販売額や数量は非公開としたが、「課題はサービス面。接客を含め、より多くの人に商品の良さを知ってほしいが、効率的に商品供給しなければいけない。矛盾するが、これらのサービスをクリアにしたい」(勝田執行役員)。


今回の第2弾は、ユニクロ銀座店、世田谷千歳台店など大型店を軸とした50店舗とオンラインストアで販売。オークションサイトで転売されるおそれがあることから"1人1点"という販売スタイルも継続する。価格はコンパクトダウンジャケット9900円、ミドルゲージカシミヤVネックカーディガン1万2900円、ストレッチコットンVネックTシャツ1990円など。店頭で多くの要望があったダウン系のアウターやドレス品番も拡充した。

上記では、人気の「+J」のサービス面の課題が書かれています。やっぱり
あれだけ店舗内が混雑して売れれば、大変大変。

一方でですね、なんで第2弾にメンズがないんだと。白シャツSサイズとか、
同じものでもいいから販売してよん(一部再販あるのかな?)、て思っている方も
いらっしゃるのでは。これは、もともと「+J」がレディースを意識し、ラインナップだけ
でもレディースのほうがはるかに多いからなんですね。これは皆さんご存知かと。
前から言われていますが、実は20代、30代前半の女性からはあんまり
ユニクロのウケがよくない、そんな話をアパレル関係者から聞きます。過去、
記事でもありました。僕自身も何人かの女性(アラサー)の知人に、変わり行
くユニクロについて聞いてみましたが、買わないそうです。たとえデザイン性
があがっていて、素材がよくても。ZARAやH&Mのほうがアレルギーがないみ
たいですね。

「ジルサンダー女史」よりも、「ユニクロ」のようなんですよ。彼女達のイメージ
は。これは、今のアラサー達が過去のユニクロを知っている、ということも大
きいんじゃないかなぁ、と思ったりもしました。

ユニクロとしては、「+J」を新たに投入してこのアラサー世代の持つイメージを
向上させ振り向かせたいねらいがあるんじゃないかと。

メンズのほうは、サイジングの問題は相変わらずありますが、やっぱり人気
ですね。またメンズの商品数が少ないために、レディースを買っている方も
いらっしゃるようですね。ジレとか。本ブログのコメントでも頂きました。
以上から考えてみても、男性のほうが少ない訴求で結果を出している印象
があります。さて、第2弾の売れ行きやいかに。



posted by No.9 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック