オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年11月18日

偽ブランド品だと知ってて買ったことがある人は全体の65%という調査結果   

■たぶんと思って買った人も合わせると、87.5%

偽ブランド品を買ったことはありますか?/誠

5年以内に模倣品/海賊版を購入した人に「購入した商品が模倣品/海賊版であることを知っていましたか?」と尋ねると、「知っていた(知っていて購入した+確証はなかったがその可能性があると思った)」は87.5%。ほとんどの人は確信犯的に購入しているようだ。

またまた残念な調査結果が出てしまいました。これは、偽ブランド品に対する
意識調査なんですが、偽ブランド品を買ったことがあるか?というアンケートで
14.9%の人が「はい」と答えています。そのうちなんですが、結果的に偽ブランド
品を買った人の中で、確信犯的に買った人は「だぶん」と答えた人も含めて、
87.5%という結果なんですね。だから、買った人のほとんどはほぼ分かって
買っているということは、言えないとは言い切れないかもしれません。反証チッ
クに言ってみました(笑)、いや笑えない(汗)。

本ブログでも、偽ブランド品問題については何度か書かせていただきました。
とにかく、結論としては、偽ブランド品を持つことがダサい、というイメージを定着
させることしかないと思うんですよね。偽ブランド品を買ってはいけません、といっ
ても、「安いんだからいいだろう。最近の偽ブランド品も、だいぶ品質が向上した
ぜ。」なんていうことになって終わりなんで。Try and Error! Store!!の記事を拝見
して、ため息という感じでした。いわゆる偽ブランド品と分かりづらい巧妙にでき
を贋物をスーパーコピーというらしいのですが(たぶんAAランクというものと同じ
意味だと思われ。オリジナルを3Dスキャンし完璧なコピーをつくるための型紙を
とる。それで作るかなりよくできた贋物)、それがネットショップで多く出回っている
そうです。こういうことをすると、ネットショップの信頼性が益々なくなりますよね。
ずーっと、こんな具合なんですけど・・・規制だけじゃどうしようもないと。

5年以内に模倣品/海賊版を購入した人に購入経路を聞くと、最も多かったのは「海外の露店」で27.0%。以下、「海外のショップ」(25.3%)、「ネットオークション」(23.0%)、「国内のショップ」(20.4%)、「インターネットの通販」(15.8%)、「国内の露店」(10.5%)が続いた。海外だけでなく国内でも、インターネットなどを通じて購入している人が多かった

さて、誠のリンク先にグラフが掲載されているのでご覧頂きたいのですが、偽
ブランド品のアイテムカテゴリとしては、バッグと財布が圧倒的に多いですね。
そして、次に時計と。まあ、ロレックス、オメガあたりでしょう。この辺のベタなア
イテムカテゴリから考えると、やっぱり中国が1つの大きな生産および販売拠
点となっているかと思いきや、国内のショップが20.4%、国内の露店が10.5%な
んですね。あわせると、偽ブランド品を買う場所が国内という人が全体の30%
以上なんです。さらに、ネットオークションといえば、国内のあそこしかないと
思うので、全てあわせて、約45%という計算になります。生産はアジアでも販
売は日本で、というのが多くなっているのでしょうか?それとも前から?

中国からの偽ブランド摘発が、全体の8割を超え、平成20年は過去最高の
前年比16.6%増の26,415件に上り8年連続で過去最高になったことを、以前
お伝えしました。この結果が生かされていないのが残念でなりません。税関
での差し止め件数なので、氷山の一角なんですよ。税関を潜り抜けてきた
アイテムが日本国内で販売されている可能性がありますね。

前にも言いましたが、どんどん増えるのは中国のせいだけではありません。
日本人がほしいからです。かつて、僕もだまされたことがあるので言いますが、
悲惨ですよ、偽ブランド品なんか持っていても。

本ブログをご覧の方は、モテよりも服が好きだから買う人が多く見ているので、
お分かりになると思います。そんな方の中には、「じゃあ店舗で買えよ!」とい
うご指摘があるかもしれません。それも一理あります。でも、もともとどうやって
リスクをなるべく低くして、安くブランド品をゲットするかという難題に僕も挑戦
してきた以上、ネットショップ、ネットオークション、アウトレットを中心とする販
売網を使うのは、仕方がないとご承諾いただく他ありません。

また、ネットオークションでどうやって偽ブランド品を避けるかのノウハウを
新たにまとめたいと思います。

しつこく何度も言及していますが、何度でも言います。中国からの国際郵便
でのブランド品は、ほぼ全て怪しいと思ってちょうどいいです。特に、ルイヴィト
ン、シャネル、エルメスのバッグが9,000円程度で買えるはずがございませ
ん。質屋でも無理でしょう。

ファストファッション全盛期なので、偽ブランド品を買うお金をH&Mなどに傾け
るかと思いきや、悲しいかな、日本人の一部はまだまだ高級ブランドらしき
ものへの憧れと妄想に引きずられているのが現状なのかも。

【関連】

偽ブランド品など過去最高の26,415件が差し止め 8割以上が中国から

偽ブランド品に対する消費者の本音・意識の分析

ルイヴィトン 偽物との果てしなき闘い-村上隆のモノグラモフラージュ

正規品VS偽ブランド品の中でおこる消費矛盾



posted by No.9 at 21:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
要するにこういう人たちは、「ブランドの名前」がほしいわけで、ブランドの良さみたいなモンはまったく眼中に入ってないんでしょう。
H&Mとかに走るのもメディアに洗脳されてるだけですし。
ステイタスブランドを似合わない人が身につけているのは実にこっけいな絵面だと思います。
Posted by いっち〜 at 2009年11月18日 23:51
>いっち〜さんへ

イタチごっことはいえ、逃げているイタチも疲れないもんだなぁ、と・・・戦いは続きそうです。
Posted by 武欄堂 at 2009年11月19日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック