オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2009年12月07日

これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較     

■両者の言う今年の一人勝ちとは?

リーマンショック以降、さらなるばく進を続けてきたユニクロ。柳井正社長は、
あくまでアパレル産業のパイを拡げてきたと主張するものの、2008年に市場
規模が10兆円を切り、あきらかにファストファッションとモードの垣根がなくな
ったと思われる今、ユニクロが高級衣服市場をパクパク食べだしているのを
100%否定することはできません。

そして、百貨店が毎月前年比2桁減を記録するなど、ますますユニクロが注目、
比較されるのはしょうがないことでしょう。棲み分けできなくなっています。
というわけで、今年1年もユニクロは数少ない勝ち組に入りその中でもトップと
なったわけですが、その要因はなんだったのか。ビジネスメディア誠と、アメリカ
のファッションビジネスサイトbusinessoffashionがそれぞれ考察しているので、
簡単にキーワードだけチョイスして比較してみましょう。

 

 

 

【【】】

◎高級服以外はユニクロで(誰にも合いやすい服作り)

◎商品戦略とイメージ戦略(カラバリ、品質、価格、広告)

 ・ダサくもなく、ファッショナブルでもなく中間の商品開発を展開→
日本人のユニクロの「ダサい」というイメージを少しずつ変える(スキニー、
ブラトップ、ヒートテックなど)

 ・とにかくコストパフォーマスに優れている

 

 

 

【【businessoffashion】】

◎1-1:カジュアルウェアの普遍性を追求(A Feel-Good Commodity)

◎1-2:脱セグメンテーション(棲み分けを自社で統括)『普段着として買う層、ファ
ッショニスタ(「+J」)、渋谷系(東京ガールズコレクション)、アニメTシャツ(10代、
妻にとって夫の休日のもの←これは海外の例) 』

◎2:多角的メディア戦略(UNIQLOCKによる世界中の様々な層に拡がる、クール
なグラフィックデザイン、世界観が変わる。またPOPEYEなどのハイファッション誌
にスタイルを提案する記事広告毎月載せるなど) これは、過去記事の
ユニクロの広告が成功した3つの理由を読んでいただければと思います。

 ◎3:服とは、交換できるLEGOブロックのようなものだという価値観の変化
(D.I.P、「+J」の影響力によりユニクロの脱ダサイも含め、ある程度品質保証を達
成しました。ただ、'Cool!!'までは言っていません。中間です。要は、ユニクロの服
それだけでは意味を持たなく、自分好みに交換していくことが可能になったのが
新しい)

◎4:ユニクロの個々の判断で自由にスタイルが作れる「白紙の状態(blank slate)」
(カラバリ、サイズ、価格、品質)が、日本人にうける。(日本人はブランドロゴで形
成される従属意識から、「個」のファッションスタイルにシフトしたことにより、ユニ
クロは歓迎された。)

◎5:イメージのミニマリズム戦略により、社会的に好ましいブランドへと成長
ロゴがない、デザインに派手な振る舞いがない、識別マークがない。 ユニクロの
広告はめったに特定の声明か、アイデンティティをブランドに注ごうとしません。
例:「+J」のCMでも、全く「+J」とは出てこない。(一方で、アメリカアパレルは性描
写炸裂、GAPはヒッピー風やクラシックにイメージを置いているので、明瞭だけ
ど、マーケットの限られたポジションで戦わざるを得ないということ。ユニクロは消費
者に解放されたファッションを提供することができる)

【【【2つの記事の共通点】】】

ほとんどbusinessoffashionばかりになってしまいましたが、2つの記事の共通点
として、2つあげられます。

1】ユニクロによって、日本人消費者の洋服に対する意識を変えた

可もなく不可もなくが中心に・・・また高級服だけで身体を覆っていた
時代は終わったことも追い風となりました。
そんなとき、カジュアル服の中に必ずユニクロが入る。日本人の96%がユニクロ
の服を買ったことがあるという統計結果が出たので、もうこれを否定するのは
難しいでしょう。まさに、A Feel-Good Commodityという気分のよい普通の商品。
誰でも、いつでも、どこでも身近に。

2】1】を支えることにもつながるのですが、「価格」と「品質」。とにかくこれです。
本ブログを読んでいる方は、品質に非常に厳しいので、ユニクロに物申す!という
方もいらっしゃると思いますが、全体を通して価格を考慮すると、クオリティは高い
と言わざるを得ない部分はあります。「+J」は全て15,000円以下ですからね。コスト
パフォーマンスで圧倒する。

最後に、businessoffashionの考察からの結論が書かれていますので、それを簡単
にまとめて書かせて頂きます。

『以上y結果は、日本の消費者がここ30年間で多くの代金を衣服に支払い過ぎたと
いう感覚、心理があります。
ユニクロの遍在は、日本人消費者がアメリカで見られたもののような、より合理
的な価格ポイントを引き寄せているという兆し。 小売業者が全てのファッション好
きにプレミアムなアイテムをに強制的に買わせることができないのは、明確です。
ユニクロの優れた点は、驚くべきコストパフォーマンス。それはH&Mやフォーエバー
21と異なり長く使用し続けられる。
日本人消費者はユニクロによって、自分達の内的参照価格に見合っていると
考えていて、それは非常に気分のいいことなのです。』

2009年のまとめ記事の1つとして、ユニクロの存在は無視できないので、書かせて
頂きました。僕個人は、来年、このユニクロに対抗するブランドや市場の動きが見て
みたいと思っています。 キーワードは「希少性」と「価格のバリューゾーン」「職人技」
できるか?脱デフレ」なのではないかと。

関連:ユニクロに関する過去記事

posted by No.9 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134973430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック