オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2010年03月14日

アイウェアのトレンド・事情2010年

■ウェリントンメガネいまだ強し、鯖江市の逆襲なるか

メガネ、サングラスのネクストトレンドが気になるところでありますが、どうやら太めの
セルフレーム、ウェリントンがまだ強い、ということには変わらなさそうですね。
Begin7月号で紹介されていたのですが、ついに細めのメタルが来る!と意気込んで、
昨年メガネを買ったわけでございます。しかし太めのセルフレームの牙城を崩すのは
なかなか大変。のび太強し、ジョニー・デップ強し、という感じでしょうか。あえて言え
ば、下の縁がないメガネ、ブロウが少し盛り上がってきたかもしれません。
これはBegin2月号に載っていましたし、他の雑誌でも取り上げられていましたね。

結論を言うと、メガネにしろサングラスにしろ、今のところ、現状維持が強い可能性
があります。やっぱり、トレンドを動かすのは失敗した場合のリスクを背負うわけで、
パリ・ミラノコレクションでも、そこまでアイウェアのデザインが一新したとはいえない
ということは、これから紹介するWWDで書いてあります。アンダカバーのサイバーサン
グラスとか、ダメなのかな・・・。サングラスは、基本的に水平リムかラウンドフレーム
が多いとか。メガネも上述の通り、ウェリントン系のセルフレーム、ヴィンテージ、クラ
シック志向のメガネがトレンドの中心になってくるようです。リンダーファローの最新
作なんかは、よりボストン型のデザインに傾斜。このデザインは、のだめカンタービレ
の映画で、玉木宏さんもかけていかも。でもこちらは一部メタル。以下、oki-niで販売。

リンダーファロ×ラフシモンズ.jpg

ラフシモンズ×リンダーファローの限定モデル 22,000円

【メガネの都、鯖江市の逆襲】

国内のメガネ生産、97%を占める福井県鯖江市。ここ数年、ずーっと景気の悪い話ば
かりでした。日本の大手アイウェアメーカーがこぞって中国生産に切り替え、技術力は
あっても価格面では絶対勝てません。そこで、鯖江市はOEMだけでなく、オリジナルブ
ランドを次々と立ち上げ、国内、世界の展示会などに打って出ていました。しかし、マー
ケティング力に乏しい鯖江のオリジナルは、経営を圧迫していました。眼鏡市場、ジンズ
などの3プライスショップから、まさにボコボコにされている状態で大変なことに。それ
もあり、僕はちょっと鯖江に貢献と思って、鯖江のオリジナルブランドを昨年買いました。
その後、店閉じちゃったけど(涙)。機能性は最高なのに!

が!しかしですよ。ついに反転攻勢の時期が来たかも。というのは先月販売されたWWD
に載っています。
鯖江はついにイメージ戦略に着手。ただの高品質だけではなく、販売促進のも力を入れ
たのです。

「鯖江」→「sabae」→「ギャル市場進出」→「東京ガールズコレクションとコラボ」。

                                 今ここ↑

イメージを一新することにより、普段職人気質が強くて苦手だった、F1層(20代から34
歳女性)を取り込もうと努力しています。 

しかし、あくまで価格競争はしない。付加価値で安価な中国産と勝負。立派な心意気。
すごく応援したい。

未来には、アバターの3Dメガネのような、魅力的な付加価値を持ったメガネも登場する
とかしないとか。 エンターテイメント事業にも着手したら面白いかも。

一方、3プライスショップにも陰りが。勝ち組負け組がでてきました。ジンズ、ゾフあたり
は売上を伸ばし、中国市場にも進出する動きもあり。アイウェア界のユニクロを目指す
全方位型マーケティングで展開しています。

もはや、日本市場は飽和状態で、付加価値、最新の技術、優れたデザイン性か、ひた
すら安いかの棲み分けになっていて、中途半端なアイウェアメーカーは淘汰されます。
さて、来年笑っているメガネメーカーはどこか?鯖江は日本と海外で成長することはで
きるのか、すごく興味があります。

【関連】

日本のメガネ産業の動向と原点回帰の必要性

 2010年のメガネのトレンドは細身というよりブロウ?

SENSEが考えるアイウェアの流行2009

アイウェア事情2008-2009 トレンドと市場動向

ドレスコードのメガネ

 WWD for JAPAN ALL ABOUT 2010S/Sは合併号 その1「時」



posted by No.9 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のファッション動向と流行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック