オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2010年04月14日

MEN'S EXの新定番とは?過去と比較してみた 

■クラシコも時代とともに少しずつ動いていく ボリオリ、ベルベストに注目

MEN'S EX ( メンズ・イーエックス ) 2010年 05月号 [雑誌] MEN'S EX ( メンズ・イーエックス ) 2010年 05月号 [雑誌]

世界文化社 2010-04-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近金欠のため、MEN'S EXとはあまり縁がなかった私。でも今回は中身を見て買う
ことを決めました。MEN'S EX5月号は、創刊17周年記念号の「新定番の結論」特大
号です。それから、「業界人のVゾーン100の好例」「気になるブランド傑作VS注目作」
「ピッティイマジネウォモ-勝手に流行大予測」と大きめのテーマがどかんと一冊に入
っています。さらに、別冊付録にはアイウェア・イーエックスが入っているということで
買って損はないと思いますよ。

【新定番? とにかくネイビージャケットはボリオリ】

新創刊した『MEN'S Precious』でも推していたのがボリオリのネイビージャケット。
MEN'S EX5月号でもトップに取り上げられています。今年の夏はボリオリが勢いありそ
うですね。プラダのOEMを担当しているブランドなんですが、今もそうなのかな?

DSC00727.JPG

特に、新モデル、「WIGHT(ワイト)」は憶えておきたいところ。2008年の名作ドーヴ
ァー以上にビジネスシーンでも使えるオン・オフジャケットとして紹介されています。
薄軽仕立て。お値段約12万円。

モードでもたくさん提案されていると思うのですが、リラックスしたセットアップという
のが、今年の夏よりスタイルとして定着しそうな印象があるんです。それを引っ括め
たときにも、このボリオリはいろんなスタイルに合う万能アイテムとして使えるのか
なぁ、なんて思ったり。ちなみに、今でも大切にとってある、2008年のMEN'S EX5月
号、7月号の大特集では、通勤ジャケットしてやっぱりボリオリが1位なんですよね。
その代わり、プレッピーな感じが強い一枚仕立てのものでした。

【日本では、リングジャケット、ミヤギコウギョウが強し】

この2つのファクトリーブランドも、前からMEN'S EXで取り上げられているものですが、
存在感がありますね。リングジャケットマイスターのスーツならイタリア製にも負けな
いと太鼓判。ちなみに海外のスーツならハケットロンドンがオススメのようです。
ミヤギコウギョウのWFG別注モデルは、5万円程度の予算で、手縫いスキンステッチ
のコストパフォーマンスに優れた高級靴が作れるとか。靴をつくるということで紹介さ
れています。

【ジョンロブはダービーU、エドワードグリーンは新トップドローワー】

言わずと知れた、高級靴の中でもトップレベルの名門ブランド。2008年のMEN'S EXで
は、ジョンロブはシティ、エドワード・グリーンはチェルシーとなっていましたが、新定番
としてご紹介。ジョンロブはダービーを艶消しのケンドールカーフに変えたもの。
また、エドワードグリーンは2009年まで姿を消していたトップドローワーが再び、というこ
とだそうです。どちらも直接ご覧になってみてください。

【シャツは価格も重視、トゥルッツィのニューロンドン】

フライ、ルイジボレッリ、バルバ、シャルベといった、4万から5万円前後のシャツを惜し
みもなく紹介してきたMEN'S EXですが、新定番の1つとして取り上げられているトゥル
ッツィのニューロンドンはお値段2万円台。本当は5万円したらしいのですが、シャツブ
ランドの傘下に入り、この値段が実現したそうです。2年前にはなかったですね。

【ブリオーニ、キートン、ゼニアは、ちょっとおとなしめ】

2008年のMEN'S EXでは超全開で推されていたこの3つのブランドもちょっと小休止。
高いですからですかねー。またすぐ取り上げられると思いますが。変わって、ベルベス
ト、イザイア、カルーゾゴルディーニ、ポロ・ラルフローレンのポロUなどが紹介されて
います。ゼニアも紹介されていますが、生地が、昔のトロフェオ至上主義ではなく、機能
性と価格を重視しているトラベラーになっています。

【ブルネロクチネリもMEN'S EXに定着】

どちらかというと、LEON向きだったブルネロクチネリですが、ついにMEN'S EXの新定
番にも仲間入り。聞いた話では、すごい人気らしいですよ。超高いですけどね。
ほか、クルチアーニ、コルネリアーニ、クラシコとしては引き続き注目ですね。
まだまだあるのですが、このくらいにしておきます。直接御覧下さい。個人的に「お!」と
思ったのは、ピッティイマジネウォモに参加したベルベスト。なんと新作のジャケットが、
定価で約10万円で展開するというのです。安くなった!と思わずガッツポーズ(でも当
分買えないけど汗)。もともとエルメスのOEM担当だったベルベストは、やはりあこがれ
のブランドの1つです。盛りだくさんの企画、MEN'S EX5月号をぜひ。

【関連】

『MEN'S Preciois』創刊号はオススメ

MEN'S EX5月号は創刊15周年特大号!全ジャンルのBEST商品はコレだ!

MEN'S EX7月号は、21世紀の一生モノ大図鑑 



posted by No.9 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のファッション動向と流行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック