オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2010年05月05日

マルタンマルジェラ氏が久々に沈黙をやぶる  

■エルメスの元CEO、ジャン・ルイ・デュマ死去にコメント

1978年から2006年までエルメスのCEOを務めていたジャン・ルイ・デュマ氏が、先日
パリで亡くなりました。享年72歳。そのことに関して、元メゾンマルタンマルジェラの
デザイナーで、かつてはジャン・ルイ・デュマのもとでエルメスのデザイナーを務めて
いたマルタンマルジェラ氏が哀悼の意を意味するコメントをメディアに語るということ
があったそうです。「ふーん」で終わることかもしれませんが、僕が記憶している間で
は、超メディア嫌いで姿を現さず、近辺の人の話を通じてでしか動向が分からない
状態だったと思うので、「直接」というのはかなりレアだと思います。海外メディアで
も話題になっています。

Reclusive designer Martin Margiela breaks silence!/graziadaily

Hermes former designer, Martin Margiela, the notoriously enigmatic and media-shy recluse, was so moved by the news that he broke his silence with the media for the first time in years, to pay tribute to his former boss.

In a statement released to WWD, Margiela recalled of his former mentor “his insatiable curiosity stimulated creation, he loved to surprise and be surprised, his charisma and aura enchanted me and his hard work ethic and sense of humor always amazed me.”

It was Dumas who chose the avant-garde designer to head up womenswear at the legendary luxury label in 1997, an appointment that sent shockwaves around the industry.

Margiela remembered “when we first met, he asked me anxiously if I was going to cut the ‘Kelly’ in half because, at the time, the press used the words ‘grunge’ and ‘destroy’ to describe my work.”

But Dumas was always more than just a businessman; his position at Hermes combining the rather more creative role of artistic director with that of chairman, “from the start, he had total confidence in me and gave me carte blanche” claimed Margiela “it just proved how open-minded he was”. Margiela worked with Dumas at Hermes for five years, before leaving in 2002.

簡単に書きますと、エルメスの元デザイナーであり謎の存在、メディア嫌いのマル
タンマルジェラが、今回のジャン・ルイ・デュマの訃報を聞いて、大変悲しんでいる。
そして、その思いは彼のメディアに対する沈黙を破った。それはデュマに対するトリ
ビュートであると。

直接には、WWDのほうにコメントがいった模様ですが、マルジェラは・・・、
「デュマの飽くなき好奇心は私の創造を刺激しました。そして、彼は、ときには驚き、
驚かせるのを好む人間でした。そして、彼のカリスマとオーラは私を魅了しまし
た。そして、彼のストイックなプロフェッショナル魂とユーモアのセンスはいつも私を
驚かせました。」

デュマはいつもビジネスマン以上の存在でした。エルメスにおける彼の地位は、クリ
エイティブな役割であるアーティスティックディレクターであり、企業の会長でもあった。
そんな彼が、マルジェラに1997年から全てを任せたわけです。

これをマルジェラは、「デュマは、始めから私に完全な信用を持って(責任をもって)、
仕事について任せてくれた。」「これは、彼がどれだけ心の広い(器の大きい)人か、
ということを証明しているでしょう。」そして1998年からのエルメスは、ファッション産業
に波紋を拡げました。

以上のようなことを述べたそうです。なんだか、最近彼が離れていったどこかのグル
ープ企業のボスと比較しているようにも感じてしまいますが、マルジェラにここまで言
わしめたジャン・ルイ・デュマ氏がすごかったんですね。ご冥福をお祈りいたします。



posted by No.9 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック