オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2010年05月27日

ファッションデザイナースクールの世界ランキングベスト5 

■さあ1位はどこのスクールでしょう?

世界のファッション業界に大きな影響力を持つfashionistaが、独自の調査で格付
けしてファッションデザイナースクール世界ランキングベスト5を作りました。あくま
で参考程度にしてください。ただ、これから世界のファッション関係のスクールに
通いたい方や、ぶっちゃけどこのスクールがいいの?という漠然とした疑問には
結構使える情報だと思いますよ。では、 ご紹介しましょう。あなたの予想したスク
ールが1位でしょうか?

【第5位】

スクール名:Fashion Institute of Technology(FIT) ニューヨーク

学生数:10,000人

年間授業料:NY在住で5,200ドル、それ以外は12,000ドル

有名卒業生デザイナー:カルバンクラインなど

専門領域:ファッションに関するビジネス、マーケティング、テキスタイル、
ヴィジュアルアーツなど多岐にわたる

【第4位】

スクール名:London College of Fashion(ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション)

新入生:1,500人

年間授業料:18,375ドル

有名卒業生デザイナー:ジミーチュウなど

専門領域:ファッションデザイン、ファッションジャーナリズム、ビューティーセラピー、
コスメティックサイエンス、ファッションブロードキャストジャーナリズム、ファッション
キュレーション、ファッションビジネスなど

【第3位】

スクール名:Royal Academy of Fine Arts Antwerp(アントワープ王立芸術アカデミー)

学生:140人

年間授業料:825ドル

有名卒業生デザイナー:アンドゥムルメステール、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク、
ドリスヴァンノッテン、マルタンマルジェラ、クリスヴァンアッシュ、ヴェロニクブランキー
ノ、ダーク・ビッケンバーグ、ブルーノピータース、ハイダーアッカーマン(中退)など

専門領域:イノベイティブなファッションデザイン(あまりにも精神的負担が高く、ハ
ードルが鬼高のため、ドロップアウトする学生が続出するのは有名)

【第2位】

スクール名:Parsons The New School for Design(パーソンズ・ザ・ニュー・スクール・フ
ォー・デザイン) ニューヨーク

学生:ファッションデザインの大学生は650人

年間授業料:41,000ドル

有名卒業生デザイナー:ダナキャラン、マークジェイコブス、トムフォード、アナスイ、
アレキサンダーワン、ナルシソ・ロドリゲス、ジェイソン・ウー、ドゥーリー・チャンなど

専門領域:全体的にはFITに似て多岐にわたる。内容も似ている。ただ、様々なファッ
ション業界の企業、ジャーナリストとつながっており、その影響は強い。ネットワークと
いう点でも2位の座にあるのかもしれない。

【第1位】

スクール名:Central St.Martins(セントラル・セント・マーチンズ校)

学生:ファッションデザインは1,200人

年間授業料:18,375ドル

有名卒業生デザイナー:ポール・スミス、ステラ・マッカートニー、ジョンガリアーノ、ア
レキサンダーマックイーン、クリストファーケイン、フセインチャラヤン、ニールバレット、
ガレスピュー、リカルドティッシ、信國太志、キャサリン・ハムネットなど

専門領域:ファッションデザイン(ここのデザインプログラムは専門家からは1位の評
価)
ほかに、1位の根拠として、ロケーションが素晴らしい(アクセス、インスピレーション、
あらゆるイギリス文化に触れやすい場所)。部分的な政府支出によって学校は運営
されている。ほかに、教育スタッフも素晴らしい人達が多いこと、Style.comにランウェ
イショーのアーカイヴを載せてもらえる唯一の権利を持つ。
学費、スタッフ陣、教育環境、世界への影響力、メディアの注目度、コネクションなどあ
らゆる点で秀でています。

いかがだったでしょうか?確かに、セントラル・セント・マーチンズ校が1位なのは、個人
的にも納得なんですが、アントワープ王立芸術アカデミーが、パーソンズ・ザ・ニュー
・スクール・フ ォー・デザインに次いで3位だったのは、意外というか昨今のNY系の勢い
が強くなってきている象徴なんですかねー。

僕としては、アントワープ王立芸術アカデミーの年間授業料が825ドルというのが驚き。
安すぎ(苦笑)。約80,000円。見間違いじゃないかと確認したんですが、やっぱり825ドル
でした。その分入るのも大変、卒業するのはもっと大変なんですけどね。

関連:ラグジュアリーブランドランキング2010 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック