オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年01月08日

2011年スニーカーのトレンドは「ハイテク」「トリコロール」「融合」  

■新作で見る2011年のスニーカーのトレンド

MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2011年 02月号 [雑誌] MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2011年 02月号 [雑誌]

集英社 2011-01-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メンズノンノ2月では「春スニーカー出走!」という特集が組まれています。最初に掲載されているのが「ハイテク推し!」というカテゴリ。昨年から「「流行るのでは?」と書かせて頂いているポンプのリーボックがナイキのエアマックスプラスとともに紹介されています。昨年の春はレトロ、ハイカット、ニューバランスだったと思いますが、時代はレトロからハイテクへ。ゴツイ感じのものが見られるようになるのでしょうか?ニューバランスも引き続き人気はあるでしょう。また、モードではマルタンマルジェラ、ジルサンダーの単色系に注目。さらにランバンやピエールアルディのサンダルとスニーカーと融合、切り抜きスニーカーが面白いです。クリスチャンルブタンはスタッズ攻めです。プラダはオーダーメイドスニーカー、モードブランドも短靴に押され気味ですがスニーカーに力をいれています。簡単にご紹介していきたいと思います。

 

 

 

【ハイテクの復権の鍵はリーボック?】

monoスペシャル スニーカー・クラブ・マガジン monoスペシャル スニーカー・クラブ・マガジン

ワールドフォトプレス 2010-09-24
売り上げランキング : 239235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もちろん、レトロスニーカーが廃れることはないと思っておりますが、高橋盾氏のGYKUSOUといったブランドも出てきて、「走る」ということへの欲求がオシャレをベースに描かれていると思う昨今、東京ではファッショナブルなランニングウェアを着た方をよく見かけます。ニューバランス、ナイキ、プーマ、アディダス、アシックスなんかは、走ることでは定評のあるブランドだと思うのですが、ゴツさで言えばリーボックのポンプはなかなかインパクトが強いです。さらに、昨年エンポリオアルマーニとコラボも行い、ブランド力も付けてきました。出てくるとしたら今年じゃないでしょうか。近未来っぽい感じで言えば、映画「トロン」とコラボしているスニーカーも多いですね。バンズ、アディダス、リーボックなど。ただ、

reebok-instapump-tronlegacy-spring2011-closerlook-1.jpg

映画「トロン」×リーボック

【via】providermag

ほかのアディダス、アシックス、プーマ、コンバースのコラボなどまだまだ限定ラインには人気が集まりそうな気がします。また、オリジナルでも日経トレンディネットで紹介している、アシックス「GT-2160 ニューヨーク」、ニューバランス「MR760R」、アディダス「アディゼロ ボストン2」、ミズノ「ウエーブライダー オーラ」など、機能的なハイテクスニーカーがズラリ。雨にも強い、撥水加工やゴアテックス仕様などもあります。今年はハイテクスニーカーが百花繚乱です。

 

 

 

【色はトリコロール+α】

鮮やかなスニーカーとともに、単色は今年も健在。特にメンズノンノではブルー、レッド、ホワイトのトリコロールカラーを紹介しております。ホワイトはHUgEでも紹介されていました。ただイエローも結構出そうなので、4色がよろしいかと。 ホワイトは永遠に不滅だと思いいます。

lanvin-ss11-high-top-sneakers.jpg

ランバンのハイカットスニーカー

martin-margiela-sneakers-00.jpg

マルタンマルジェラのジャーマントレーナー

ほかに柄ものでいえばカモフラがミリタリースニーカーとしてメンズノンノで紹介されています。

 

 

 

【モードは融合】

◎モードブランドならではのデザイン力

モードブランドのスニーカーは、2007年くらいのときよりもどちらかというと下火ですが、デザインの融合で面白い提案をしています。 やっぱりランバンとピエールアルディはワイルドですね。

o0400026610789770317.jpg 

ランバンのサンダルスニーカー

ピエールアルディ11811.jpg

 

ピエールアルディの切り抜きスニーカー

Lanvin-Spring-Summer-2011-Sneakers-02.jpg 

チャッカブーツ型スニーカー ランバン

チャッカーブーツ型スニーカーは、プーマ×フセインチャラヤンもだしています。さらにレディースでも表現されていた「なびく」という動きをスニーカーで表現しました。これもレディースからインスパイアーされた融合かも。

PUMA-Hussein-Chayalan-Fall-2011-Sneakers-082.jpg

プーマ×フセインチャラヤン 2011A/W

◎スニーカーラインに進出

fashion10_333.jpg

アダムキメルの2011S/Sのスニーカー。たぶんお初です。スヌープ・ドッグのドギースタイルをイメージソースだそうですが、私には詳しくわからんです。すんません。どちらかというと短靴が人気の中、スニーカーをつくったわけです。

そのほかですね、プラダはスニーカーのオーダメイドを立ち上げました。モードブランドも、工夫を凝らして負けておりません。クリスチャンルブタンは、ご存知スタッズハイカットスニーカーをだしています。

もうとにかくたくさん出ていて、なかなかスニーカーを分類するのは困難なのですが、2011年は1つハイテクや融合がキーワードになるかもしれません。やっぱりボリューミーになるんでしょうかね・・・。

【via】highsnobiety



posted by No.9 at 19:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本のファッション動向と流行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メンズノンノ見ました。
ハイテク推しと書きつつ1ページだけだし、?って感じのスニーカーも出ててあんまり推してる感じは伝わらなかったですね。
個人的にはポンプヒューリースーパーライトは他のハイテクスニーカーよりもデザイン的に頭一つ出てるくらい洗練されたデザインしてるのでその辺りを特集して欲しかったです。。。

靴に限るとポパイの革靴特集の方がリアルな感じがして良かったですね。
Posted by pekocyan at 2011年01月10日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/179662749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック