オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年03月10日

POPEYE4月号:ストリートファッションが復活? 

■POPEYEが雑誌「SMART」かとちょっと思ってしまった、スケーターファッションのミックス

POPEYE (ポパイ) 2011年 04月号 [雑誌] POPEYE (ポパイ) 2011年 04月号 [雑誌]

マガジンハウス 2011-03-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

POPEYEの表紙が90年代のストリートファッションのコーディネートでちょっと意外でしたね。ニューエラのキャップにロングニット、ネックレス・・・SMARTかと思いました。

POPEYE4月号は、「東京を中心にシーンは加速中 ストリートがお手本だ。」がテーマ。ストリートはいまさら・・・と思いましたが、ちょっと昔のスケーターファッションとモード、古着との「ミックス」が今季のトレンドとして紹介されています。21世紀に入ってエレカジ、ゆるカジ、アメカジ再燃、スニーカーより短靴、ミリタリー、ワーク、アウトドアといったオーセンティックやヘビーデューティーなアイテムを紹介、提案してきたPOPEYEですが、4月号で80年代後半、90年代のストリートファッションと、どうミックスさせるか・・・そこに注目しています。ちなみにスケーターファッションとは、スケボーを中心にサーフ、ヒップホップなどからきたファッションで、LAからきたものです。バンズ、ニューエラ、90年代のナイキ、シュプリーム、X-LARGE、ステューシーなんかがあります。

これをもっと広義にして、藤原ヒロシ氏など特定の人物が提案するスタイル、文化を足したものが裏原系になってくるかと思うのですが、POPEYEはこの裏原ブーム以降、時代を牽引するカリスマ不在のなかでトレンドなきトレンドが新たなファッションを生もうとしていると述べています。独特のブランドミックス感覚とパーソナリティが全面に現れた自由なスタイリング・・・そんな自由な東京のファッションに、世界が注目していると書かれておりまして、いろんな海外のファッション関係者が魅力を述べています。

僕は、2011A/Wがストリートミックスだったと思うんですけどねぇ

 

 

ミックスの一例としてエルメスの広告。スケボーを表現した指はストリートとメゾンの融合だとPOPEYEでは書かれています。

 イギリスの新鋭セレクトショップLN-CCも登場。本ブログおなじみです。クリエイティブディレクター、ジョンスケルトン氏いわく「ロンドンのストリートは正直退屈。僕達のショップには日本のストリートがいっぱいだよ」と述べています。確かに、ワコマリア、サスクワァッチファブリックス、ノンネイティブなんかがLN-CCにありますね。東京はストリートクチュールなんていう言い方をする海外の方もいます。

こんな感じで、ストリートファッションを特集しているPOPEYE4月なんですが、今のストリートファッションの着こなし(基本はレイヤード)や、スケーターズなんかも再登場。スーツ、革靴でスケボーとか載っています。スケボーのテクニックまで・・・。逆に新鮮な感じ。

一方でですね、LAのストリートファッションと東京のストリートファッションは違うわけでして。そのへんでストリートとはなんぞや?という疑問に裏原系草創期の代表的な存在、NIGO氏が述べています。今のストリートファッションを再びフィーチャーする過程で、大きな転換期を98年のマークジェイコブスのルイヴィトンだとNIGO氏は分析。エディ・スリマンは出てきません。

 

 

 

【NIGO氏の言うストリートっぽいとは】

◎ルールがあるようで皆無、自己流にアレンジできること。

◎ヴィンテージなどは、日本人の勤勉性の影響で深く掘り下げる。理論武装やこだわりも特徴的。

◎表参道あたりのルイヴィトン、ディオールの裏にアベイシングエイプが共存できるような自由さ。

◎アメカジ×モードのミックスを可能にしたマークジェイコブス(ヴィトンといえば小物だけだったのが、マークジェイコブスの登場によって、若者に服もウケた)

『ヴィトンのセーター、ヤバくない?(NIGO氏が言う90年代後半のニュアンス)』と当時のストリートファッションが好きな若者が言う・・・こういうラグジュアリーとかカジュアルといったカテゴリの壁をぶち抜いてミックスしてしまうのが、東京のストリートっぽいということなんだと思います。

今、NIGO氏はミスターベイシングエイプユナイテッドアローズなど、どちらかというとテーラードの方向に行っていますが、これはNIGO氏自身がTPOも意識してだんだんスーツを着るようになったため。ヒップホップというジャンルだけではなくなったと。もう40歳ですからね。NIGO氏はミスターベイシングエイプの勉強も含めて、サビルローに行ってスーツを何着も仕立てたらしいです。こんな年齢とともに「ストリートっぽい」という考え方、見方も変わってくるということですね。

90年代の東京のストリートファッションは、少なからずデザイナー達の影響力はやっぱり大きいということもポイントかと。アベイシングエイプのNIGO氏、アンダーカバーの高橋氏、ナンバーナインの宮下氏、N.ハリウッドの尾花氏、アタッチメントの熊谷氏などなど。ヘッドポーター、ネイバーフッド、Sophもあったか。個人的にはこんな印象があります。

一時期ファストファッションがホットなトレンドになりました。しかし、一段落して長く着られるカジュアルブランドが再注目。ビズビム、ベドウィン、エンジニアードガーメンツ、kolorといったコアで渋いブランドが人気になっている。これはNIGO氏も述べています。経済的背景も影響しているようですけどね。

詳細はPOPEYE4月号をご覧ください。ヴィンテージショップ特集もあります。

さて、昔のストリートファッションをみるにあたり、ちょうどBBCが放送したステューシーの動画があるのでそちらをご覧になると、雰囲気がわかると思います





posted by No.9 at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本のファッション動向と流行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今月のPOPEYEを読む前にここの記事を読んでしまったため少しネタバレ感もありますが、とても読み応えのある記事でした。笑

毎日更新をチェックしていますので
ぜひ今後もニュースを含め、記事の更新頑張ってください!
Posted by at 2011年03月10日 23:00
>名無しさんへ

応援ありがとうございます(^^)。
ぜひPOPEYE見てみてください♪
Posted by 武欄堂 at 2011年03月11日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック