オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年04月11日

SENSE5月号はカミングアウト特集    

■保存版?吉井雄一の危険な対談、相手は北原哲夫組長

SENSE (センス) 2011年 05月号 [雑誌] SENSE (センス) 2011年 05月号 [雑誌]

センス 2011-04-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まずは、関西在住の方にはオススメの企画があります。「イセタンメンズが大阪にやってくる! JR大阪三越伊勢丹で買えるスペシャル限定品」を読んでオープンに備えてみては。

さて、男のジャケパンスタイルというテーマでいろいろなスタイルが紹介されているSENSE5月号ですが、いつものSENSE?が帰ってきたといいたい。たくさんジャケットが紹介されているのでそれは見て頂くとして、問題はSENSE流コーデ。SENSEが提案すると、ビジネススタイルはこうなる。

SENSEスーツコーデ411.JPG

SENSE流のビジネススーツのコーディネート。

なんとかセーフかな?と思うのはシューズだと思うんですが、それでもパンチ効いてますよ。フットザコーチャーですから。厚底短靴(汗)。そして、ベルトはもちろんクロムハーツに決まっているじゃないですか!スリーピースなら、ベストはマスターマインド。スーツはもちろんブラック。ナローラペルにナロータイです。ネクタイ5cmくらい(笑)。リラックスな仕事着だそうですが、もうギラギラですよ、この時点で。 MEN'S EXに出てくる服飾評論家達もビックリです。

そうそう、カフス、チーフ。ここでちょっとハズシを入れるのは、紳士たるもの仕事でも遊び心として入れたいところ。そこで、SENSEが提案するのはもちろんクロムハーツの羽根×スカルです。もうこれまでも、コンサバ路線から十分外れていましたが、このコーディネートはどうなんだろうか(笑)。

これは一例です。ほかのコーディネートもぜひ見て頂きたい。男臭い、スカル、ブラック、ロックな路線でねじ伏せる勢いがもどってまいりました。この、やんちゃで、とても一般のビジネスマンのコーディネートに入れらない提案をする。「さすがSENSE!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」・・・でございます。ディオ様ならどんな着こなしでも行けますね。

 

 

【吉井雄一×北原哲夫の対談】

ファッション業界を牽引する2人。といっても、最近は北原哲夫氏の動きは僕自身よくわからなかった。いや本当に。結論から言うと、なんと北原哲夫氏はスタイリストとしての活動を辞めていたという・・・知らんかった。ある意味カミングアウトですねぇ。皆さん知っていましたか?

スタイリストといえば祐真朋樹氏、野口強氏をすぐ思い出しますが、祐真朋樹氏の弟子なんですよね、北原哲夫氏は。意外ですよね、方向性が全然が違うというか。始めは、人気スタイリストを辞めて企業を立ち上げた敬意について書かれていて、それは貴重な話だと思います。オススメです。

さて、もう1人カミングアウトされた方がいらっしゃいます。元ラブレスのバイヤーで、現在コンテンポラリーフィックスのトップを勤める吉井雄一氏です。この方・・・お姐なんです。噂では聞いていましたが、硬派な北原哲夫が『(苦笑)』という回数がたくさん出てくるディープな内容となっています。その一部をチラッと。

 

編集部「吉井さん的には、北原さんは男性のタイプとしてはいかがですか? 」

吉井「そうですね〜。素敵な方だと思うんですけど、ちょっと痩せすぎかな。」

吉井「基本、僕、デブ専じゃないですか(笑)。でも内面は浮ついたところもないし、真面目で優しいしかなり好きです。・・・いざという時に僕を守ってくれそう!」

北原「今度、吉井さんの好みの男を紹介します(笑)」

吉井雄一×北原哲夫の対談で、吉井雄一氏の喋り方がだんだん女性っぽくなってくるところも必読です。

超ロングインタビューのちょこっとしたくだりなんですが、吉井雄一氏が雑誌でカミングアウトされたことあんのかなぁ。あるんだろうけど読んだことない。お強い方だ。というより、ファッションの世界ではお姐が引っ張っていくのが大事なのかもしれませんね、感性が違うというか。ジェンダーを越えた創造力は音楽でも結構感じます。僕は身体も心も男ですが、お姐パワーはすごいなぁ、としばしば驚かされます。



posted by No.9 at 20:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう業界人しか知らない情報のカミングアウトってなんかわくわくしますよねw
Posted by いっち〜 at 2011年04月11日 22:09
>いっち〜さんへ

吉井氏の特集、今後どこまでいけるのかちょっと楽しみです(笑)。
Posted by 武欄堂 at 2011年04月12日 13:55
吉井さんはゲイから見ると、風貌だけでゲイとわかる人ですが、ずいぶん前にWWDの連載でも「僕はゲイ。」と言っていたので、今さら、カミングアウトはないですね(笑)。
最後の文章は、ゲイは身体は男で心は女と受け取れる表現ですが、
同性愛と性同一性障害は異なるものなので、
認識が間違ってるかなと思います。
テレビに出ている人たちの影響だと思いますが、すべてのゲイがお姐言葉を使うわけではないので、ゲイ=お姐としているなら、それも間違いです。
Posted by エビス at 2011年04月12日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック