オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年06月30日

パリミラノコレクションから見る2012S/Sのファッショントレンド 

■鮮やかなプリント、グリーン&イエロー、スカート復活、ヒッピー、ウエスタン、アフリカ・・・

パリ・ミラノコレクション2011-2011A/Wはすべての日程が終了しました。今回もあっという間でしたね。今回もUSTREAMでのLive映像でコレクションが観れたブランドがミラノコレクションで多くなっていたのが印象的でした。さらにミュグレーはポルノ動画サイトに配信したりやりたい放題(笑)。バーバリープローサムは、今回もコレクションが終わった後、サイト上で商品を予約販売するというビジネスを展開。

さて、ミラノコレクション2012S/Sですがケーブル編みや、もはや網状のものが見れました。ドルガバでは、漁業網のようなアウターが。そして鮮やかなプリント。90年代の派手さを出したというD&G。ウエスタン、70年代のヒッピーおよびネイティブアメリカといえば、プラダとバーバリープローサム。フリンジモカシン、ネイティブアメリカンを意識した模様など。プラダの場合ゴルフウェアという英国調のファッションからアメリカ西部にチェンジしたり、いろいろ。ミウッチャ・プラダのコメントをすごく簡単に言うと、好きなモノをぶち込んだそうです(笑)。

ミッソーニやヴィヴィアンウエストウッドは、ロンドンオリンピックを意識したデザイン。

ボッテガヴェネタやプラダ、バーバリープローサムはセカンドバッグらしきものがありました。ジルサンダーの場合は、それをボディバッグにして、身体に巻くという発想。防雨や透明コートも登場。さらに、ラフィア帽子などもあったりして、1つ1つ見ていくと様々なアイテムが。

パリコレクション2012S/Sではスカートが炸裂。コムデギャルソン、ヨウジヤマモト、ジバンシィ、リックオウエンス・・・ここに来てまたか、という。さらに、被り物化したハット。コムデギャルソンの王冠、ウォルターヴァンベイレンドンクに至っては、ガチャピン、ムックもびっくりのモフモフの球体でネット上で話題に。2chに晒されるのも時間の問題。一応ウォルターヴァンベイレンドンクはアントワープアカデミーのファッション科の学長なんだぞ!

ルイヴィトン、イヴサンローランは、デザイナー達のルーツでもあるアフリカをテーマに。砂を表すベージュ、空を表すブルー、サファリジャケットなどなど。

パリミラノコレクション2012S/Sの共通点は、2011-2012A/Wのファッショントレンドからの流れもあります。続ミックススタイル(アウトドア、ミリタリー、スポーツ)。 そしてリラックススタイル。

トレンドカラーはグリーン&イエロー。これはパリミラノコレクション両方見られたカラーです。しかし、ミラノコレクション全体は、ちょっと寒々しい色合いも多かったかもしれません。また足元はソックスにサンダル、あるいは黒ソックスにブーツなんかもパリミラノコレクションで見られました。 靴はモカシン、エスパドリーユ、ローファー・・・いずれにしてもラウンドトゥです。

それでは簡単ではありますが、トレンドを簡単に抽出してみたいと思います。今回は、graziadaily.co.ukも参考にさせて頂きながら紹介させて頂きます。

 

 

 1】多彩なプリント

 D&G6301.jpgジバンシィ63011.jpg

D&G                                                        ジバンシィ

 

 

2】トレンドカラー グリーン&イエロー

ミュグレー63011.jpgバーバリープローサム63011.jpg

ミュグレー                       バーバリープローサム

 

 

3】Gジャン デニムアウター

バルマンオムGジャン63011.jpgバーバリープローサム63022.jpg

バルマンオム                   バーバリープローサム

 

 

4】素足×モカシンかエスパドリーユ 靴下×サンダル

フェラガモ63011.jpg ヴェルサーチ63011.jpg

フェラガモ                     ヴェルサーチ

 

 

5】ヒッピー VS ウエスタンアメリカ

バーバリープローサム630333.jpgプラダ63011.jpg

バーバリープローサム             プラダ

 

 

6】防雨 透明アウター

ドリスヴァンノッテン63011.jpgジルサンダー6301.jpg

ドリスヴァンノッテン                    ジルサンダー

 

 

7】セカンドバッグ(ボディバッグ) 

ボッテガヴェネタ63011.jpgジルサンダー630222.jpg

ボッテガヴェネタ                   ジルサンダー

 

 

8】スカート復活?

ヨウジヤマモト6301.jpgトムブラウン63011.jpg

ヨウジヤマモト                   トムブラウン

 

 

9】多彩なハット

バーバリープローサム63044.jpgコムデギャルソン6301.jpg

バーバリープローサム             コムデギャルソン

 

 

10】リラックス×ワントーン

ディオールオム6301.jpgリックオウエンス6301.jpg

ディオールオム                   リックオウエンス   

 

   

11】新古典主義

ルイヴィトン63011.jpgヴァレンチノ6301.jpg

ルイヴィトン                    ヴァレンチノ

 

 

最後の新古典派というのは音楽でいう、ストラヴィンスキーのような感じでつけたカテゴリ。若返りを図りつつも過去の遺産をしっかり打ち出す姿勢のことを意味します。

キムジョーンズはルイヴィトンの市松模様にあたるダミエをストールに。これは、かなりインパクトのある色使いだと思います。      

マリア・グラツィア・キウリとピエール・パオロ・ピッチョーリの新生ヴァレンチノは、クラシック、オートクチュール寄りのブランドが、カジュアルのほうに向かい一気に垢抜けました。しかし、フィット感と生地はクチュールライクで、普通のミリタリーアイテムとは異なるものだそう。 シルク混のシャンブレーブレザーは、羽根のように軽く仕立てられているそうです。ほかに、プリングルオブスコットランドも同じようなことが言えるかと思っております。

さて、パリミラノコレクション2012S/Sで流行りそうなブランドは何か?ということを直感で申し上げると、ウミットベナン、トラサルディ1911のワンセットは無視できないでしょう。価格を無視すれば、バルマンオムとルイヴィトン、プラダは若者の間で話題になると思います。ルイヴィトンのストールは、1つあればアクセントになりますからね。

ただ、正直な話、ぶっちぎりのコレクションは見当たりませんでした。モードファッションも模索しているところなのかな、と思ったパリミラノコレクション2012S/S。

【via】style.com

関連:パリミラノコレクションから見る2011-2012A/Wのファッショントレンド





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック