オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年07月31日

コンバース製品の日本への輸入が全面禁止か  

■伊藤忠が保有する「コンバース」の商標権侵害をめぐる訴訟をめぐって

知的財産高等裁判所「コンバース」訴訟について/伊藤忠株式会社

伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠)及びコンバースフットウェア株式会社(以下、コンバースフット)、コンバースジャパン株式会社(以下、コンバースジャパン)は、株式会社ロイヤル(本社 愛知県名古屋市)に対して、伊藤忠が保有する「コンバース」の商標権侵害をめぐる訴訟を提起しておりましたが、4月 27日付けで知的財産高等裁判所は伊藤忠及びコンバースフット、コンバースジャパン側の主張をほぼ全面的に認め、株式会社ロイヤルに対してコンバースシューズの輸入販売の差し止め及び損害賠償金の支払いなどを命じる内容の判決を下しました。これは、2009年7月に一審となる東京地方裁判所の判決とほぼ同様の内容です。

伊藤忠は、株式会社ロイヤルに対して、コンバースシューズの輸入・販売を中止するよう再三警告しておりましたが、解決に至らなかったため、2006年商標権侵害として販売差し止め及び損害賠償を求めて訴訟を提起したものです。

本判決は、コンバースシューズに関して、日本国内での商標権者である弊社の許諾を得ずに輸入・販売する行為は商標権侵害となる旨を明確に判断したものであり、ブランドビジネスをめぐる知的財産権の侵害問題に関し、ひとつの結論を示す画期的な判決です。

これは、かなり複雑な問題ですが、簡単に言うと伊藤忠が保有しているコンバースジャパンが生産、販売するコンバース以外、日本では販売してはならないというのが主旨かと。

言い方を変えると、裁判所は、日本の国内権利者とアメリカ合衆国権利者は「同一もしくは同一と考えられる関係にない」としたということで、米国コンバースと日本コンバースは違うんだよ、日本では日本コンバースしか売っちゃダメだよ、というお話。間違っていたらすいません。

あれ?コンバースはアメリカが本場でしょう?という方いらっしゃると思います。ごもっともなんですが、8年前に米コンバースが経営破綻をしてから新米コンバース社と、伊藤忠が株式取得と商標権契約を行っているため、コンバースジャパンは米コンバースと違う組織となります。日本で売っているコンバースは、伊藤忠が掌握していて、生産販売しているコンバースジャパンのものであって、他は商標権侵害にあたるものになるというロジック。

このような状況下で、ロイヤルは2005年あたりから新米コンバース社のスニーカーを独自に輸入販売をしていました。これを、伊藤忠はやめるように警告していたけれど言うことをきかないので、訴訟に至った。そして今回の結果、つまり伊藤忠側の勝訴となり、海外からのコンバース製品の全面輸入禁止になる可能性がとても高くなったということです。

これは本家のアメリカ産のコンバースでも、日本国内ではダメ。伊藤忠のお許しを得ずに持ち込んだら法的にはアウトということになりかねない。並行輸入品はお店から消えますね。

もっと詳しい内容は、米国製コンバースの輸入・販売が法律に抵触する理由を読んでみて頂きたいのですが、コンバースをどんどん売っているABCマートは、伊藤忠経由なんでしょうかね。そしてコンバース製品は価格があがってしまうのかしら。

【只今セール中】

Oki-niがファイナルセールで70%OFF

LN-CCが最大70%OFFのセールを開始

YOOXが70%OFFセール



posted by No.9 at 13:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロイヤルの件もさることながら、ブランディングの観点から、本国アメリカと微妙に足並みが揃っていないというところも気になっていました。

たとえば〈converse Addict〉が日本でリリースされた最初の年は〈converse〉ちょうど100年のアニバーサリーだったのですが、アメリカで発売された記念モデルがほとんどオフィシャルな形ではリリースされませんでした。

まぁ権利が国をまたいでるブランドではよくある話なのでしょうが、一度きりの100周年なのに・・・と思ったことを覚えています
Posted by zam at 2011年07月31日 14:37
正直日本企画はダサくて買う気がしません。

カート・コバーンモデルなんかも海外限定&サイズなので履きたくても履けない人はたくさんいたと思います。

そして今回のニュースでさらに買う気がなくなりました。きっとVANSとかも海外モデルがどんどん減っていくのでしょうね。NBのUSAモデル輸出禁止もどうかと思います。
Posted by いっち〜 at 2011年08月01日 00:37
>zamさんへ

そういえば100周年とか・・・全然耳にしなかった(汗)。

>いっち〜さんへ

せっかく、NBにしてもVANSにしても再燃というか、ストリートでは確実に見れるアイテムなのに、時代と逆行してしまっている大人の事情。
Posted by 武欄堂 at 2011年08月01日 01:50
最近コンバースのjohn varvatosコラボモデルを買いました。こうゆうのも日本に入ってくるのが少なくなるんですかね。
Posted by くに at 2011年08月01日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック