オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2011年10月14日

LN-CC:90年代の裏原ブームと若手デザイナーの関係

■今日の日本の若手デザイナー達は裏原時代に影響を受けている?

広末涼子hotdog 
英国のオンラインショップLN-CCでは、ジャパンブランドを大変重視しています。取り扱い数も多い。
クリエイティブディレクターのジョンスケルトンは、以前ロンドンのストリートより東京のほうがはるかに面白いアイテムが揃っている。原宿はいつもランウェイショーということをPOPEYEなどで述べていました。

LN-CCでは、90年代初めの裏原から今の東京ブランドについて簡単な時代の流れを紹介しています。たぶん、しばらく経てば日本語化もされると思うのですが、あくまで世界中に発信しているので、結果的に海外の顧客が歴史を認識して、ジャパンブランドに興味を持ってくれるかもしれませんね。感謝、感謝。




■LN-CCがまとめた現在の東京ブランドと経緯■ 【原文はこちら

サスクワァッチファブリックス、ブラックミーンズ、ノンネイティブ、アンユーズド、サンシー、ファセッタズム、ワコマリアなど・・・、LN-CCで取り扱っているジャパンブランドであり、LN-CC別注の日本未入荷のものも販売されています。 LN-CCのインタビュー、考察では、現在の若手デザイナーは皆裏原時代からの影響を強く受けている、またミックスしているということを述べています。 その辺を簡単に紹介してみます。



【古きを破壊し若い世代の自由な発想で育ってきたとジャパンブランドの共通点】

ジャパンブランドの哲学的な背景を考えた時、共通のテーマが出てきます。それは90年代初めの東京のストリートファッションの遺産。今活躍している若手デザイナーが10代の時に、90年代初めの東京のストリートファッションに影響を受けている。




【東京ブランドが世界を驚かせた80年代】

LN-CCでも、エクスクルーシブ商品も含め取り扱っているコムデギャルソン、ヨウジヤマモト、イッセイミヤケが世界で好評を得る。これらのブランドが、DCブランドブームの火付け役の1つになる。
しかし、バブルがはじけ、経済不況に入るのと同時にこのムーブメントも少しずつ現象していった。



【ポストDCブランド時代⇒藤原ヒロシグループのNIGO、高橋盾の裏原系ブランドの登場】

上記のような、経済の成長とともにムーブメントとして高級ブランドを買いあさる、ということへの反抗的な若者の動きが、後に裏原系と呼ばれる系統の台頭を後押しする。

裏原10131 
「NIGOと高橋盾が1993年オープンさせたNOWHERE」

裏原というのは、原宿の裏側(渋谷区神宮前から千駄ヶ谷までの服飾洋品店が集まっている一帯)にある非常にせまいエリア。そこに、個性のある考えと排他性のある若いデザイナー達がストリートファッションを手がけて人気が爆発。その先頭に立っていたのが、音楽プロデューサーであり、デザイナーの藤原ヒロシ氏。そして、ファッションデザイナーとしてNIGO氏、高橋盾氏が注目を浴びる。アベイシングエイプ、アンダーカバーは世界的なブランドになりました。これらのストリートファッションブランドは、80年代のDCとは違い、若者の文化を反映してものが多いところがあります。

サスクワァッチファブリックスのデザイナー横山大介と荒木克記達が、当時を語る。裏原といえば、リミテッド、デットストック、エクスクルーシブが流行語のように飛び交い、マニアは皆収集するのに大変だったと。




【裏原を牽引したのが日本の男性ファッション誌】

裏原10141 
「90年代のホットドッグ 藤原ヒロシにフィーチャー」

POPEYE、メンズノンノ、Hot Dogなどの男性ファッション誌は、90年代藤原ヒロシ氏の着ているファッションに若者が注目していた。藤原ヒロシ氏が雑誌で新しく着用ブランド商品は、すぐに完売に。若者は、我先にと走った。NIGO氏と高橋盾氏のショップNOWHEREも長蛇の列に。これは、藤原ヒロシ氏がファッションに精通しているだけでなく、音楽、ライフスタイルに若者が共感したためだそう。



【藤原ヒロシ達、裏原ブランドとモードブランドのミックス】

WWGB(サスクワァッチファブリックスのデザイナーの2人がグラフィックデザイナーとして名乗る場合)としての横山大介と荒木克記達は、エルメスのコートにカジュアルジーンズを着こなす藤原ヒロシ氏にはかなりの思い入れがあったよう。

裏原時代からの東京ストリートファッションは、個性のある人種のるつぼ。この時代、裏原ファンだった現在の若手デザイナーは、決してヨーロッパの前衛的なファッションの影響だけを受けたわけではない。

藤原ヒロシ×メンズノンノ10141 
「90年代のメンズノンノから 藤原ヒロシ特集: 裏原 meets ヨーロピアンアバンギャルド」

90年代のスタイル。ここでは、アンダーカバーもあれば、ヴィヴィアン・ウエストウッドなどカテゴリーとして分けていないミックス。




【ムーブメントとしての裏原はモードブランドと違うベクトルで成長】

ファセッタズムのデザイナー落合宏理氏は、90年代のアンダーカバーやアベイシングエイプなどの裏原系ブランドは、マルタンマルジェラやダークビッケンバーグなどとは異なるベクトルで前を進んでいました、と語る。 それとともに、インポートブランドもたくさん原宿エリアに陳列されるようになったし、漫画などのサブカルチャーの影響も受けたとも。

サスクワァッチファブリックス、アンユーズド、ファセッタズムのデザイナー達、皆90年代裏原の影響を受けたけど、情報飽和の時代でもあった。だから、この時代からファッションデザインとして出てくるアウトプットもみな違う。これが皆が感じる東京。




LN-CCは、結論として、アントワープ6、裏原系、ヴィンテージ、スケートカルチャー、アート、音楽など、以上のような20年間の混沌とした背景をもとに観ていくと、そのころ10代だった現在の東京のデザイナーたちが文化的なムーブメントで得てきた深い知識のもと、ミックスしてハイレベルなプロダクトを生んでいることに納得がいく、と書かれています。

以上です。原文とともに、現在サスクワァッチファブリックス、エオトト、ノンネイティブ、アンユーズド、ワコマリア、NAME.などのジャパンブランドがセール中なのでご覧になってみてください。サスクワァッチファブリックスは、ザ・イノウエブラザーズとのコラボ商品もあります。LN-CC限定。

【リンク】LN-CCのセール







タグ:歴史 裏原系
posted by No.9 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のファッション動向と流行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック