オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2012年05月27日

松屋銀座男市の2着29800円スーツは妥当なのか検証

■ビジネスで5年間使えるスーツ

resizeDSC00323

松屋銀座男市の2着29800円のスーツです。一番安い既製品の定番タイプ。
私は、パターンオーダーをしたのでまだ来ていません。なので知人のものをお借りしてきました。チャコールグレーとブラックを買ったようです。これをお借りして、松屋銀座男の市の2着29800円スーツは妥当なのかをちょっと調べてみたいと思います。 知人にはなんとも失礼な企画ですが(苦笑)。

成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている (講談社の実用BOOK) 成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている (講談社の実用BOOK)
宮崎 俊一

講談社 2011-12-16
売り上げランキング : 5648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松屋銀座男市のカリスマバイヤー、宮崎俊一氏のスーツ選び、着こなしの本書は、松屋銀座男市のことが書かれています。
デザインについて、このスーツは書籍の中身に順ずるものであることがわかります。ラペル(下衿)はノッチドで、一番大幅な部分が8.5cm。クラシックなデザインですが、野暮ったくならないギリギリの幅です。それから、肩の袖周り。
写真のように、見た目がシワがあってちょっと悪いです。着心地を考えた場合、少し袖袖周りが前に作られているのが立体的な構造で人間には合うようです。ハンガーに吊るした時綺麗に見えるスーツより、着心地のよいスーツを選ぼうというのが宮崎俊一氏の考えです。

■ラペル、袖周り

resizeDSC00329

先程説明したのが、拡大すると分かりやすいと思います。シワが前によっていますね。ついでにいうと、AMFステッチ入り。毛芯仕様。

■素材、生地、生産

松屋銀座男市の2着29800円スーツは、裏地はポリエステルが基本。背抜きです。春夏仕様。生地はウール100%。生産は中国かインドネシアです。この辺は、大量紳士服店と同じスペックですが肌触りは悪くなく、着心地も悪くありません。 ちなみに、このスーツは株式会社カインドウェアが作ったスーツになりますね。元々はフォーマルウェアの老舗です。

 

 



■その他仕様

格安スーツを調査しているムックがちょうど発刊しているので、そちらを参考にしながらこちらのスーツを紹介していきたいと思います。

ビジネス用品完全ガイド (100%ムックシリーズ) ビジネス用品完全ガイド (100%ムックシリーズ)

晋遊舎 2012-04-26
売り上げランキング : 3394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1万円を切るスーツの紹介から、洋服の青山、アオキ、コナカ、はるやま、ザ・スーツカンパニー、パーフェクトスーツファクトリー、オリヒカなどの大量紳士服店を徹底比較、覆面調査。調べたのが書籍紳士靴を嗜む で有名な、飯野高広氏という本格的なもの。
その中の、「売れ筋スーツ最強決定戦完全ランキング 3万円スーツ対決」でのチェックポイント(ジャケット/パンツ/生地/デザイン/補正/着心地/耐久性など)をもとに各店のスーツが裁かれているので(笑)、参考にさせて頂きながらこちらのスーツを紹介します



●デザイン
本ムックでも書かれていますが、昨今のビジネススーツは、2ボタンで少し細身が多いようなので、松屋銀座のスーツは十分パスできると思います。スキニースーツではないですし、バランスが大事。


●ひげ処理

resizeDSC00324

このスーツで一番驚いた点。2着で29800円のスーツにひげ処理がされています。耐久性が増すのはもちろん、高級スーツの証とされたりするんですがこれは意外だった。縫製もまずまず。ちなみに、大量紳士服店の3万円のスーツにはこの仕様は書かれていません。


●お台場仕立て

resizeDSC00328

これは、今や珍しくない仕様ですがこちらの台場の裏ポケットにはDカン仕様。これは丁寧かもしれませんね。見返しピンポイントステッチが、上品に入っているのもお洒落。



●Dカン玉縁(スラックスも同じ)

resizeDSC00326

この仕様はパンツのポケットも同じです。


●貝ボタン 重ねボタン クロス掛け

resizeDSC00331

本切羽ではありません。それは、安価なスーツに必ずしもなくてはならないものではないので、よいかと。貝ボタンでちょっと高級感がありますね。クロス掛けですので耐久性もあります。


●ベント、袖全て額縁

ジャケット後ろのベント、袖の部分、すべて額縁仕様。スーツスタイルで美しく縁取りにより見た目をランクアップさせてくれるデザイン。この価格で全て額縁というのも珍しいのかな。

大量紳士服店にあって松屋銀座男の市のスーツにないものは、実はスーツケース。僕のパターンオーダーはまだ来ていないので分かりませんが、どうも環境配慮の関係でスーツケースはついてこないそうです。そこでコスト抑えているのが正直だと思いますが、気になる方はご注意を。
また、大量紳士服店で流行の機能性スーツ(シャワークリーンなど)というものはありません。ベクトルが違うので、あまり参考になりません。

●汗止め

春夏といえば、困るのが汗。その汗止めが裏地脇部分に付いています。これで、摩擦に対する耐久性を生み、汗が移ってもスーツをまもることができます。


●縫製

resizeDSC00327 

先程のムック「ビジネス用品完全ガイド」で、縫製の良し悪しを見るのに使われているのが、スーツの裏地。背抜きの中心にある身幅のあまりとベントをつなぐ縫い方。ここが、しっかりとした縫製だとグレイトですが、残念。ちょっとホツレなんかがあって頼りない感じなんです。
参考までにクアリタリアのスーツの同じ部分と比較すると、縫製の手間の差がわかります。

resizeDSC00335




●一枚天狗

resizeDSC00334

パンツのお話。チェック上部の天狗の鼻のように突き出ている部分。履き心地を左右する仕様。



■総評

大量紳士服店で買えば、オプションを足して1着で40,000円弱はする実力を持っていると思います。それが2着で29,800円ですから、改めて安いと思いました。 個人的には妥当なんじゃないかというのが感想。

これには裏がありまして、大量紳士服店のスーツの価格の内訳が、35%人件費で、テナント料、光熱費、広告費が35.5%。その他が原価になるという話があります。松屋銀座男市は、それを抑えているため可能にしています。
特に高級スーツ(といっても5万円台)は、バイヤー宮崎俊一氏が毎シーズン高級生地を大量仕入れに直接行っているのも大きいし、国内の尾州の工場に生産を任せているオリジナルの流通ルートがあるので安くできます。

松屋銀座男市では、今回ご紹介したスーツが最低ラインなので、もう少し高めで2着39900円だと日本製のものもありますし、パターンオーダーなら1着からですが39900円でロロピアーナやカノニコなどの生地が選べて、ディテールも細かく選べます。
安くて耐久性があって、デザインに困らないスーツを選ぶところで、松屋銀座男市は選択肢の1つとしておいてもよい、ということです。 

次回は10月。秋冬スーツ。毎回少しずつディテールの改良を行なっているのもポイントなので、興味があったら行ってみてください。

【関連】
松屋銀座男市の攻略法
9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編





タグ:スーツ
posted by No.9 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック