オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2012年09月28日

ポスト「中国製」はインドか デザイナー達から信頼を得たメイドインインドとは

■素直で実直だけではないクラフツマンシップが宿るインド

先日、世界のファッション業界の中国製離れを紹介しましたが、1つはイタリア生産への回帰ということでした。
もう1つ、新たな新興国一大生産拠点としてデザイナー達から熱い視線が注がれているのがインドです。そういえば、アダムキメル×カーハートもインド製だったな。昔に比べて確かにものはいいですよ、インド製。
なんでインドでの生産がよいか、ということに対して、彼らの「国民性」があげられています。素直で実直、そしてハードワーク(徹夜で作業)ができるようことです。

Nigel Preston may not be a household name but the late British designer was known to fashion connoisseurs for his luxurious sheepskin, suede and leather coats and clothes, with their painterly techniques and detailed ornamentation. He died in 2008 but his wife, Brenda Knight, who designed garments for brands such as Jaeger and Burberry, has continued his brand – at her own factory in India.

Though for years the pair produced their collections mainly in the UK and then, as they needed greater capacity, in Italy, Ms Knight says that in India, “I have found the most amazing, reliable, hard-working team. The capability, the desire to achieve perfection is really fantastic. In Italy, we were creating a finished idea and it had to go through a third party. In India, we go into the factory and we work with them to create what we want to create.”

 

カルト的でコアなファンから人気のある「ナイジェル プレストン アンド ナイト」。30年以上の間、イギリス生まれのデザイナー、ブレンダ ナイトと夫ナイジェル プレストンは、革新的・独創的でラグジュアリーなコレクションを発表。レザー・スエード、ムートンの先駆者となりました。2007年には、ファブリックコレクションをラインに加えNIGEL PRESTON & KNIGHTとなりましたが、夫のナイジェルプレストがこの世を去る。その後も、ブレンダ ナイトは、インドにある工場で商品を作り続けており、バーバリーなどのOEMを担当している職人デザイナーです。

ナイジェルプレストンアンドナイトは、英国、イタリア、そしてインドで製造していたそうですが、インドの素晴らしい技術力を発見することになります。彼女曰く、「信頼ができて、ハードワークにも耐えられるチームがインドにはいる。彼らの能力は、望んでいるかたちができるまで完璧に仕事をこなす。素晴らしい。イタリアの場合、私達は商品生産の最終段階のアイデアをクリエイトした場合、サードパーティを通して実現しなければならなかった。インドでは、工場に行って職人たちと一緒に、我々がクリエイトしたいものを実現するために仕事をすることができる。」

ナイジェルプレストンアンドナイトの場合、様々な工場で確かめてきそうですが、インドが一番良いそうです。今では声を大にして’I manufacture in India’と堂々と話しているそうです。

■メイドインインドが、チープなイメージではなくなった背景

上記のようなケーススタディもありますが、簡単に今のインド生産の状況と、そのポテンシャルについて簡単に紹介します。

◎インドは糸、毛、生地、カーペットで有名である

インドといえば、インド綿が有名ですが、もともと織物に対する造詣の深い国。全体で2.5兆円を輸出しています。その中で、ファッションの既製品が1兆円、テキスタイルハンドクラフトが170億円という比率になっています。アパレル商品が増えているそうです。

どの程度、織物文化が定着しているかは、以下の動画を御覧ください。歴史にそってみて行けます。

織物大国インド



1日中稼働しっぱなしという織物工場(ハードワークの所以)






◎“Made in India”コレクションを展開したプラダ

Made in ○○の1つに、ミウッチャ・プラダはインドを選びました。インドの伝統的な生産とデザインを用いて商品を販売しています。このコレクションを通して、プラダ曰く「インドの職人技は世界基準として最も高く、品質に厳格である」とファイナンシャルタイムズに述べています。このほかにも、多くのメゾンがインドに注目しています

◎ルイヴィトンがインド南東部の港湾都市ボンディシェリーにワークショップを開設。その後売却したが、他のメゾンを契約を結ぶことに成功。さらにブルガリ、ドリスヴァンノッテンは関わりをもっているようですね。

■最後に

インド製は安かろう悪かろうではない、高い職人技、実直、ハードワークが可能・・・これは今の中国ではなかなか難しい要件ですね。技術はそれなりに中国も高いと思いますが。
インドといえば、バンガロールなんていうアメリカのシリコンバレーのような巨大IT企業エリアもありますし、もともと勤勉、勉強に熱心、努力もする人達です。新興国として今急成長。貧富の差ももちろん広がっていますが。

このようなインドとともに、イタリア周辺のエリアMediterranean Basin (トルコ、モロッコ、スペイン、ルーマニア、ハンガリーなど)がラグジュアリーブランドからロープライスの生産を担うとなると、世界のファッション業界にも影響を与えます。
そして、日本製はどうなるのか。技術はある、ハードワークもいける、実直である、まさに選択肢の中に入れてもらいたいところなんですけどね。さらに、日本の工場の中には、ハイテクを駆使した世界一○○な素材というのも生み出せるお国柄です。中国からシフトしつつある今こそ、日本製を見なおしてもらえるチャンスにすべき、と思うのは私だけではないと思います。アメリカは、オバマ大統領の政策としてもMade in USA復権を宣言しています。日本も政治の力を使うべきだと一国民ながら思うところ。

【via】ft.com

【アンケートのお願い】
再度メンズファッションブランドのイメージ分析のためのアンケートご協力のお願い

【9000円台からのオススメ商品】
LN-CCが60%OFFセール品をさらに30%OFFに
ケンゾー×ヴァンズのスニーカー第3弾9000円台で登場
アレキサンダーマックイーンのドレスシューズが4万円台
ベルンハルト・ウィルヘルムx CAMPER2012A/Wのハイキングシューズ
雨の日に最適ドクターマーチン×ブリティッシュ・ミラレインの靴





タグ:経済 歴史
posted by No.9 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック