オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2012年10月05日

ジョジョ立ちの起源は女性誌:永久保存版SPUR「ジョジョメノン」

■全てのジョジョの奇妙な冒険好きの人に読んでもらいたい「モードなマンガ」


JOJOmenon (集英社ムック)

以前、SPUR (シュプール) 2011年 10月号 が「岸辺露伴グッチへ行く」と題してジョジョ特集になりました。読み切りのマンガつき。女性ファッション誌ながら、男がやたら買っていったというあれです(笑)。そしてそして、満を持して登場したのがSPUR編集部ムック「ジョジョメノン」。
これは絶対買ったほうがよいですね。Amazonでの売り上げランキングが、10月5日現在、1位というのが物語っていますねー。もちろんCM流したりと大きなプロモーション活動していません。
なんで人気かって言うと、荒木飛呂彦責任編集だからです。看板に偽り無し。言い方が難しいですが、ジョジョの奇妙な冒険、荒木飛呂彦氏、モードファッションのバランスが絶妙です。

 


■ジョジョの奇妙な冒険第1部から8部(途中)までを振り返る

「ジョジョの奇妙な冒険」第1部から今までのダイジェストをインタビュー形式で、絵も含めて超ロング解説。ジョジョの奇妙な冒険の裏側や、都市伝説的な状態となっている内容の答えが書かれています。これだけでもファンは満足できるかも。既出や、すでに知っているものもあるかと思いますが、ちょいとネタをあげてみると・・・。


◎ジョジョの名前の由来はファミレスの「ジョナサン」がきっかけではない!

よく聞いている噂。というか、ガジェット通信にもがっつりと書かれていますが、はっきり否定しています。ジョジョとなった理由は語呂がいいからだそう・・・。逆に考えるんだ。“ジョナサンの経済が活性化する”と考えるんだ!

◎ジョジョ立ちは女性誌のモデルが起源

「一番参考にしているのは、女性誌ですね。女性誌のモデルさんって、けっこう在り得ないポーズをとっているので、面白いんですよ。」
そういえば、蛯原友里さんのカメラの広告を思い出してしまう・・・。あれは時間的に逆か。


◎オラオラの数は、ちゃんと数えられていた!

荒木飛呂彦氏は、描くリズムを大事にしているようで、コマ数、独特のセリフもリズムから出てくるようです。小さな「ッ」を入れたり、「!」の数だったり。そういえば、ドラゴンボールの「!」の数も尋常じゃなかったですよね。
話をもどして、細かいところまで計算して書いているようなので、「オラ」の数が決まっているそうなんです。
アシスタントは、「オラ」の数が足りないと注意されるという(笑)。フェティッシュなまでのこだわり。ちなみに、ジャンプに掲載するまで21ページ分を19ページに削っていたそうです。どうしても21ページになるようで苦労したようです。

ほかにもたくさんあるので、読んでみてください。





■荒木飛呂彦ニューヨークへ行く 年齢52歳というのは本当か?

その後、「荒木飛呂彦ニューヨークへ行く」が始まります。ジョジョメノンは、荒木飛呂彦さんの写真が多く、どうやら吸血鬼という噂は本当だな・・・と、言わざるをえない若さ。
荒木飛呂彦スナップは、いずれ2chの荒木飛呂彦の時系列写真集に追加されると思います(笑)。
ニューヨークでは、グッチのフリーダ・ジャンニーニとツーショット。「岸辺露伴グッチへ行く」がありましたが、最終的には荒木飛呂彦氏が行くという。
グッチへ行ったのは、仙台で開催された「ジョジョ展」とも関係があったようです。ローソンがオーソンになったことでも話題になりました。第4部の杜王町ですね(笑)。

そして、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催される 25周年を記念した荒木飛呂彦「ジョジョ展」 の準備があってのこと。10月6日から開催されます。これも、ファンはおさえておきたいところ。 AR技術を使うというのが気になる。


期間:2012年10月6日(土)〜11月4日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
チケット料金:大人2000円(前売り1800円)、中学・高校生1500円(前売り1300円)、小学生800円(前売り600円)※日時指定制。土日祝のチケットは売り切れ。

 

このほかに、フルカラー再録「岸辺露伴 グッチへ行く」のマンガ、荒木飛呂彦氏のアトリエ、最近話題となったジョジョタイツタトゥーのモデルなどが出てくるディレクション「三角部屋の家の少女」、そして7月仙台で開催された荒木飛呂彦原画展「ジョジョ展」の詳細レポート、最後のほうには女子のためのジョジョ入門なんてものもあり盛り沢山です。


あえて最後にもってきましたが、このムックの冒頭、クリントイーストウッド監督が登場。そしてジョジョ立ち。荒木飛呂彦氏との対談が実現しています。具体的には、本ムックでじっくり読んでください。表紙の画は、クリントイーストウッド監督に贈った絵だそうです。 イギーかわいいよイギー。

ジョジョメノン201310511

ジョジョの奇妙な冒険は、1部から3部、4部で一括り。終了になる可能性がない、こともなかったそうな。
僕の学生時代、ちょうど3部、4部だったので思い入れがあるんですが、昔の方ほど仲間も敵も結構あっけなくやられたり。痛快で怖い。
それ以降は、少し変化させたそうです。哲学的で荒木飛呂彦氏の言葉を借りると、

人間ってこの世に存在すること自体が哀しいんですよ。だからこそ、人生を通じて喜びや生まれてきた意味を見つけ出していくと思うんです。

荒木飛呂彦のSPURは世界一ィィィィィィィイイイ!



posted by No.9 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295596571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック