オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年01月07日

流行るブランド予想2013S/S

■エディ・スリマン降臨

エディ・スリマンがついに登場。流行りのアメカジをベースにしつつもYSLというより、ザ・エディ・スリマンという感じです。もちろん細い、というかスキニーラインがある!高い!ロック!これが、どう出るか?
流行る流行らないは、個人の主観的な尺度でよいと思うのですが、毎度自分なりにショップに出かけ、雑誌も読み、ネットを徘徊して情報を集めてくるわけです。そして、現在の懐具合、価格も要因にいれています。でも春夏ということで、モードを入れたいところなんですが、あえて気になるドメブラを増やしました。
鉄板として、メゾンキツネ、KENZO、カルヴェン、アクネ、ファセッタズム、トムグレイは無視できません。

日本で呼ばれている「おじコーデ」というものに、スポーティ、ストリート、フェミニン、ミニマルに傾いてきています。またかよ、という気もしますけどね(苦笑)。これは、パリミラノコレクション2013S/Sのファッショントレンドも考慮にいれています。ではどうぞ。


順位 ブランド名 備考
1 メゾンキツネ 南青山に旗艦店オープン。プチバトーのアーティスティック・ディレクターにも就任
2 ケンゾー どうも、賢三〜です!VANS、ニューエラとコラボ
3 ファセッタズム ネオ裏原系は、サカイやkolorじゃなくて俺
4 サンローランバイエディ・スリマン YSL・・・というかエディ・スリマン
5 ガンリュウコムデギャルソン 川久保玲のリーサル・ウェポン 初のランウェイショー開催
6 NAME. 業界人、バイヤーから熱い眼差し
7 カルヴェン のりピー、おしゃp、プレッピ〜
8 トムグレイ トム・ブラウンの廉価版。旗艦店も南青山にオープン。
9 アンリアレイジ 8bit、凹凸、○△□・・・。ゲームにあらず。
10 アレキサンダーワン バレンシアガのデザイナーに内定
11 ナゲッツ デザイナー小法師隆平はネペンテス出身
12 プラダ 両性具有、スポーティ、ミニマル
13 アクネ モテブランド、南青山のおしゃれ番長
14 ウル 生粋のパタンナーによる再構築の美学、アンユーズドともコラボ
15 カーハート(×マスターマインドジャパン) マスマイは今季でラスト、衣食住車とコラボ。4冠達成。カーハートはコラボ無双。
16 ジルサンダー ジルサンダー女史復帰 ミニマル&カット
17 ラフシモンズ シースルック。ジルサンダーで表現してきたものを1つに
18 バラクータ(ブルーライン)、ケネスフィールド G9が再燃?ビームス+の草野健一がデザイン。
19 アンドレア・ポンピリオ ピッティ・ウォモの新人賞を受賞。アシックスとコラボ
20 1205  UA栗野宏文イチオシ。ロンドンコレクションにも参加。 2013S/Sはカーキ。

今回、ルイヴィトン、パスカルドンキーノ、サンシー、エトセンス、ルイヴィトン、エフィレボル、ドリスヴァンノッテン、グリフィンハートランド、タケオキクチ、トッド・スナイダー、ウミット・ベナン、ペスター、まとふ、フィグベル、サンシー、トリッカーズが入れられませんでした。

簡単な見解:ネオミニマルとクロスジェンダー VS ネオ裏原系

◎クロスジェンダーと探検がテーマだったパリミラノコレクションは日本フィットするのか?

◎90年代のストリート系ファッションが再燃なるか?

◎コムデギャルソン出身者が多い日本の新鋭ブランド達の躍進なるか

 

パリミラノコレクションのクロスジェンダーという提案とエディ・スリマンのサンローラン

マスキュリン、テーラードというものの再解釈で比較的わかり易かった2012A/Wとは違い、2013S/Sは(また?)コンセプチャル、ミニマルでクロスジェンダー(両性具有)の傾向が。
これについて、ランバンのルカ・オッセンドライバーが語っています(ちなみに、ウィメンズはメンズライクなデザインが多かった)。
これに、数シーズン各ブランドが大事にしているヘリテージ、そしてスポーツウェア、アウトドア、マリン、ハイテクの要素が散りばめられている。このようになってくると、ハイブランド好きも慎重に選ぶでしょう。やり過ぎ感があるものは、選ばれないかもしれない。「男性の服が好きな女性の洋服を借りた男性」をイメージしたというウミット・ベナンなんかは、このトレンドの流れを逆手に取りました。これは「モテ」という意味で女性目線が入っています。

ラフシモンズのウィメンズの要素、シースを新しい提案として発表。
そして、あの奇才が帰ってくるわけです、エディ・スリマン。鬼高とはいえ、無視できないでしょう。メンズのモデルに女性モデルを用いたり、ストックホルムの少年モデルを使うなど、やはりエディ・スリマンのフェティッシュなこだわりを感じるわけです。プラダはネオミニマルなんていう言われ方を海外で言われていますが、いい加減ネオ○○と言うのはやめなされ〜と思う(苦笑)。

それから、カモフラ×レースのドリスヴァンノッテン、メタルのランバン、マリンルックとダミエのルイヴィトンはファッション誌でも騒がれると思いますが、ドメブラを多くしたかったので、入れませんでした。

 

ネオ裏原系が来るとクロスジェンダーは今の日本に馴染むのが難しい?


さて、上記のようなクロスジェンダー、他の視点で言うとゲイカルチャーがストリートに馴染むかと言われれば、難しいかと。その分「キレイ目」という概念が帰ってくる可能性があります。オラオラ系、「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」はちと古い。

パリミラノコレクションから見れば、ボリューム感のあるスィングトップ(G9)、パーカ。また、サファリジャケット、ジャンプスーツ、MA-1などミリタリーアウターがこれに当たるかもしれない。

これを総合して、日経トレンディが昨年から打ち出している「ネオ裏原系」が果たして来るのかどうかです。90年代の裏原系のリバイバル。裏原系は、藤原ヒロシフィルターが入ってはじめて生まれたものなので、正確には「スケーター」ですね。これに近いのが、2013S/SだとN.ハリウッドや、ケンゾー、ファセッタズム、NAME.かなと。
さらに、ニックウースターというアメリカの遺産を掘り起こし、ストリートで魅せる男らしさ、男臭さのアイコンになった。さらに、ミリタリーブルゾン、カモフラ柄、ツイード、カーゴパンツは、トリッカーズのブーツは彼の提案するものです。

 

ランキングについて:南青山の新店舗ラッシュにコムデギャルソンチルドレン

1位は、メゾンキツネ。南青山に旗艦店オープン予定ですが、今まさに乗っているブランドと言っていいでしょう。価格が張りますが、フレンチプレッピーはアメカジ、トラッド系が強い昨今、新しい風を吹かせてくれる期待。
2位のケンゾーは先ほどの通り。モード、カモフラ、アウトドア、ストリートにはちょうどよいアイテムがあるのではないでしょうか?
3位のファセッタズムは、ピッティ・ウォモにも参加して、裏原系で育ったデザイナーが提案するブランド。

4位のサンローランバイエディ・スリマンは、はっきり言って鬼高となるでしょう。ジャケット35万円くらいは覚悟が必要。それでも欲しいか?と言われれば買う人がいるんだな、これが(笑)。Gジャン、ジーンズ、デニムシャツなど、デニムにこだわったルックも登場しているので、こちらも人気になるでしょう。
5位のガンリュウコムデギャルソンは、東京コレクション2013S/Sでランウェイショーデビュー。こちらも、ストリート系ながらコムデギャルソンの暖簾を与えられた数少ないブランド。というけでランクイン。
6位のNAME.も同様コムデギャルソン出身の清水氏のブランド。メンズ・ノンノでは、バイヤー、スタイリストからの注文が多いという話。LN-CCでは前から取り扱っていますが、価格もリーズナブルで、面白い仕様も見受けられます。

7位は、メゾンキツネよりも安く、かつ、フレンチプレッピーなブランドがカルヴェンかなと。ドメブラとほぼ同じ価格帯。
8位はトムグレイ。トム・ブラウンの廉価版として、お手頃価格で提供されます。伊勢丹メンズ館、阪急メンズ東京で販売決定。さらに、ちょうど南青山にトム・ブラウンの旗艦店がオープンするとなるとガチ。安いといってもバッグは吉田カバンとコラボしたり、デザインはトム・ブラウンほど奇抜ではないあたり、ツボの人いるんじゃないでしょうか。
9位は、アンリアレイジ。服に対して問うという姿勢が、ポストコムデギャルソンとして話題に。いろんなところで展示会を開催。東京コレクションに関しても、非常に注目されるブランドです。ソースは私(笑)。観に行ったので。仙台と大阪に新ショップを出店したことも大きい。

10位は、バレンシアガのクリエイティブディレクターに就任し話題となっているアレキサンダーワン。日本に期間限定店がオープンしたり、御殿場プレミアムアウトレットでも限定ショップがオープン。昨年は、服好きのみならず、彼の名前をおぼえた人もいるのでは。11位以降はだいたい同じくらいで、差は特にありません。でも20枠にしぼるのが本当に辛い予想となりました。

流行るアイテム、デザイン仕様予想


カモフラ柄(コムデギャルソンオムプリュス、ドリスヴァンノッテン、ケンゾー)
MA-1 (ジバンシィ、ディオールオム)
スイングトップ(ルイヴィトン)
メタリック(ランバン、バーバリープローサム)
サンダルシューズ (ドリスヴァンノッテン、プラダ)
太いストライプ(側章) (プラダ、アンドレア・ポンピリオ)
ジャンプスーツ (ランバン、ピエール・カルダン)
柄×柄(ドリスヴァンノッテン、ケンゾー)
レース(ドリスヴァンノッテン)
ショーツスーツ(ラフシモンズ、ニールバレット)
カットワーク(ジルサンダー、 ミュグレー)
シース(ラフシモンズ) 
真ん丸サングラス(ジルサンダー)
チューリップハット(ルイヴィトン、アンドレア・ポンピリオ)
ロングジャケット(ジルサンダー、ディオールオム)
 

以上〜、紹介してみました。

関連:流行るブランド予想2012-2013A/W



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312000085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック