オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年03月19日

栗野宏文の流行予測「さらばファストファッション」

■時代のテーマは「ハピネス」⇒「スポーツ」「リゾート」「ドレス」「パーティ」

さらば、ファストファッション!──栗野宏文が分析する、2013年春夏のメンズファッショントレンド ≪ GQ JAPAN

私はユナイテッドアローズ(UA)のシニアアドバイザーを務めています。時代を読み、その時代にお客さんがどういう服を求めるのかを考える仕事です。メインの業務としてUA全体のシーズンごとのディレクションを決めるというものがあり、ここ10年ぐらい続けています。
1年半ほど前、私は2013年の春夏のテーマを「ハピネス」と設定しました。世の中はどんどん悪くなる一方です。けれども景気や政治が悪いと嘆いても、らちは開かない。だったらまず自己肯定をしようよ、と。自己肯定なきところに前進はありませんから。そこで2013年の春夏は、「まず幸せになりましょう」ということを打ち出したのです。そして幸福のシンボルという意味で、黄色という色を前面に出しました。


では、私の考えは正しかったのでしょうか? コレクションを見ると答え合わせになりますが、正しかったと思います。2013年の春夏のコレクションの大どころはどれもポジティブで肯定的です。色がキーワードで、どこを見てもダーク一辺倒なものがない。ユーロクライシスやアメリカの財政の崖など、ここ1年ほどの間、ラグジュアリーブランドは逆風にさらされてきました。けれど、こぞって前向きなメッセージを発信しています。

きちんとした服を着れば気分は前向きになる。それはハピネスという因子。「ハピネス」からは「スポーツ」「リゾート」「ドレス」「パーティ」という行動に細分化される。これが、栗野宏文氏の2013年の流行予測。きとんとした服だけに、ファストファッションの立ち位置があやしくなってきているということ。ユニクロや無印良品は、別の世界な気がしますが。

栗野宏文氏が、具体的にあげているブランドで、個人的に気になるのはドルガバですね。日本では、2006年くらいから若者にも一気に拡大しお兄系として殿堂入りしてしまったブランド。実はジーンズの品質は素晴らしいものがあったりするのですが、チャラいイメージが先行してしまって厳しいです。これが、払拭できればもう一度来るんじゃないかとも密かに思っています。

栗野宏文氏の流行予測の情報元は、新聞だそうです。その辺は、ユナイテッドアローズのクリエイティブディレクション担当上級顧問 栗野宏文氏が語る、ディレクションや流行予測のエッセンス (第1回/全4回) – THE FASHION POST [ザ・ファッションポスト]を読んでみてください。この人の理論武装が、かなり深いところまで行っているのを感じます。

流行というのは、カラーも含めある程度決まっていて、2013秋冬であればイギリスの流れが来ると思います。こういうのはファッション・ライフスタイルの最新情報と2年先のトレンド分析を提供する世界最大級のオンラインリサーチサービス『WGSN』なんかが調査して、消費者行動も含めコンサルティングしているわけです。

流行は透明人間。誰かを当てるよりも、どこにいて、どんな体型かさぐれ

しかしです。ここまで来たので僕の考えを書いてしまいますが、「トレンドはこれだ!」という「A=B」的な答えは本来できないと思うんです。でも、流行に敏感な人々は、答えが欲しいんです。うまいキャッチフレーズやすぐに自分のものにできる分かりやすさが欲しいんです。だから、仕掛ける側と現実が乖離していしまう。

ボラティリティ(変動の幅)を見ていけ、と私は思うわけです。風を読め、という言い方もします。確率分布のことなんですが、簡単に説明するために透明人間を登場させます。
透明人間=現実の流行と仮定します。透明人間は誰か?ということをずばり言い当てることができれば嬉しいのですが難しいですよね。一方で、透明人間が誰なのか知りたいのが心理。だから、本当はBさんかもしれないのに、メディアやコンサルティング企業は、Aさんというかもしれないし、Cさんというかもしれない。合っていなくてもそう言うんです。人間違い=時代の本当の流行と合っていない問題が起こる。

じゃあ、どうしたらいいか?先ほどの変動の幅の絶対値です。誰かは分からないけど、そこに必ず透明人間がいるということを証明してやると。それは、ペンキをぶちまけてやることです。そうすると誰かはわからないけど、体型がどんな感じか?シルエットがわかってきます。本質は100%分からなくても、間接的に予測をします。
見えてくるのはここまでです。あとは、個々がそこから分かることをうまく伝えられたものが勝利。

未来のことなんか100%分かる人はだれもいません。必ず、間接的にフィルターを通す必要があります。トレンドに関しては、アートと科学がその役割を果たすということをコラムニストのグレン・オブライエンは言っています。いきなり各論から入るよりも、総論。全体のシルエットをつかめ。そう思うところです。

過去のファッション議論記事

【セール関連】
Oki-niのクリアランスセールもあとすこしで終了
ランバンのウール×シルクジャケットがセール














posted by No.9 at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック