オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年05月04日

プレミアムジーンズは復活するか?

■2013年2月の売上は前年同月比17.3%増

The Business of Fashionで、Premium Denim's Tentative Comeback と題して、かつて人気となったプレミアムジーンズが世界的に復活している兆し、と調査結果をもとに紹介されています。そういえば、日本でもリプレイ、デンハム、ヤコブ・コーエンと海外のプレミアムジーンズの直営店が続々とオープンしたり、ディーゼルにアーティスティック・ディレクターを設けてニコラ・フォルミケッティが就任したりと・・・なんか盛り上がっている。

 

 

プレミアムジーンズというと、70年代、80年代で登場したカルバンクライン、90年代プレミアムジーンズという言葉を根付かせたディーゼル、リプレイ、トゥルーレリジョン、2000年代スキニージーンズが世界に拡大。
ディオールオムやApril77のほかに、7 For All Mankind、ヌーディージーンズ、リーバイスヴィンテージクロージング、アクネジーンズ、ヤコブ・コーエンなどなどが登場しました。しかし、2007年以降、世界経済危機によってプリミアムジーンズの需要は下がり、生産コストを抑える方向になっていきました。日本では、ファストファッションが流行。g.u.を始めとする990円の格安ジーンズが市場を席巻。

 

 

消費者調査機関のNPDのレポートによると、2013年2月の75ドル以上するプレミアムデニム市場の一番伸びているセグメントは、約14億円の売上。前年同月比17.3%増でした。つい2年前まで、プレミアムデニム市場は10億円に届いていなかったようです。
また、この2年間でプレミアムジーンズ13.5百万本が市場に出ており、これは16.4%増ですが、ジーンズ市場全体では7.0%増の成長率になっているので、比較するとその勢いが分かります。

 

 

 

プレミアムジーンズの復権の兆しの背景

なんでプレミアムジーンズが今じわじわと来ているのか?いくつか影響を与えているブランドがあるようですが、The Business of Fashionによると「ナチュラルセレクションデニム」というブランドが1つあげられるようです。

 

DENIM EVOLUTION from Natural Selection Denim on Vimeo.

2009年創業の新鋭イギリスデニムブランドで、ポール・ヤングが立ち上げたナチュラルセレクションデニム。動画はそのコンセプトフィルム。ロウ、ウォッシュ、クラッシュ加工とそれぞれが高いレベルで作られているようで、お値段も3万円-4万円前後とはっきり言って高い。
欧州のほうで人気を博し、展示会なども行なっています。

ポール・ヤング氏いわく、ターゲットは30代から35歳。20代をプレミアムジーンズで育った人たちですね。品質、構造、生地と深いところでジーンズを選択する消費者に向けて働きかけをするのがねらい。日本でも少しずつ取り扱っているようですが、果たしてこれから増えるかどうか。

 



日本のデニム産業の衰退

さて、ここからは感じていることですが、日本のジーンズはどこ行った?と。欧州のプレミアムジーンズが復活するかもしれない一方、日本のジーンズが厳しいというのが、なんとも歯がゆい。輸出をどんどんすればいいのに、と思っても輸出しているのは、技術であって商品じゃなくなってきている。

経営破綻から復活できるかもしれないボブソンですが、まだどうなるかわからない。ビッグジョンが最近経営再建の道を歩みました。ジーンズブランドを支えるジーンズの加工や染色に定評のある吉田染工も事業停止です。岡山県倉敷市児島は、世界的にも高い水準の品質を誇るデニムの聖地でありながら、ビジネスでは負けてしまっています。岡山県だけでなく、ストーンウォッシュの先駆け、エドウィンも経営に問題があり苦しい。以下の、倉敷天領デニムみたいな存在がはたしてどれだけ出てこれるか・・・。

もっと日本のジーンズは海外に輸出できる状況を作らなければ・・・と思うわけです。いや、いままでやってきたけど、いろいろ複雑が事情があるかもしれない。

でも、世界の顧客は待ってくれません。需要を掘り起こし商品を届ける流通と戦略を獲得していかないと、日本のデニム産業を守ることはできないでしょう。プレミアムジーンズ市場が活性化しているところを指を加えてじっと見ている余裕はありません。プレミアムジーンズの復活に日本ジーンズありといかないと、やっぱり寂しいところ。

【関連】
生デニム再燃のもとは日本にあり?
シャンブレーの復権、昔はデニムよりも使われていた?

【セール関連】
リーバイスEショップが春夏40%OFFセール
YOOXが90%OFFセールを開始
5円の靴も登場予定、ロコンドがGW中50%OFFセール
Oki-niが20%OFFセール




タグ:歴史 経済
posted by No.9 at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RRLやPRPSのジーンズも日本製ですが手に取ったときの圧倒的な生地の良さは他には代えがたいものがあります。商品の大きな魅力になる本当にプレミアムな素材を製造出来ることはすごいことなのに、それだけでは売れないのが難しいところです。
生地がイマイチでもイタリーメイドやUSAメイドにある、ブランド力や雰囲気をどうすれば備えられるか...。
Posted by nwcdg at 2013年05月05日 16:14
>nwcdg さんへ

ブランディングは大事ですね、良い物を良いと伝えられ売れるようにするところが助けないと行けないと、でもその資金がない。それこそ、行政でも企業でも援助できるところだと思うんですけど・・・。
Posted by 武欄堂 at 2013年05月06日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358784511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック