オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年05月16日

しまむらの売上原価率は70%?

■コストパフォーマンスの高いファーストリテイリングを越えるサービス価格

ファストファッションの雄、ファーストリテイリングとしまむらは、何故強いのか?- Yahoo!ニュース BUSINESS

コスト構造も異なる。しまむらのコスト構造を時系列で分析してみると、売上原価率が70%弱、販売管理比率を23〜24%に最近10年間常に保っている経営なのに対して、ファーストリテイリングのコスト構造は、売上原価率は60%〜50%、販売管理比率30%〜50%とアップダウンがある。
売上原価率と販売管理比率のこのアップダウンは何を意味するのだろうか。ファーストリテイリングの勝ちパターンは、フリースやヒートテックなどのブーム作りである。ブームによって知名度を上げ、売上を上げ、利益を上げるというものである。ブームを作るのに成功した時、売上原価率と販売管理比率が一時的に下がるが、ブームが去ると、これらの数字がリバウンドする宿命にある。
それに対してしまむらは、販売管理比率の数字の低さがファーストリテイリングとの比較から際立つ。流通や小売段階でのローコスト・オペレーションを勝ちパターンとしているのがしまむらでる。

売上原価率というのは、売上高に占める売上原価の構成比率。つまり、この売上原価率が高ければ高いほど、企業の利益は少ない。言い方をかえると、消費者にとっては、コストパフォーマンスの高い商品といえるかと。

ちなみに、ユニクロは製造小売専門なので製造原価率があります。製造原価率は平均で38%(価格3990円⇒原価1600円弱)。売上原価率は60%〜50%ということで、これもすごくコストパフォーマンスに優れています。

上記の数字がどこまで正しいかどうかは分かりませんが、しまむらさんスゲーというわけです。どうしてこんなことができるかというと、薄利多売のように見えてターゲットをしぼっていることのようです。ファーストリテイリングとも差別化していると。

1、顧客セグメントは、ファーストリテイリングが男女半々・全年齢層なのに対して、しまむらが女性中心・主婦・若者がメインであること。

2、商品戦略は、SPA(製造小売)・商品補充型・少品種多量・品質重視。しまむらは集中購買・

3、商品売切型・多品種少量・品揃えを重視。
出店は、ファーストリテイリングが都心に大旗艦店をたてる。しまむらは郊外を中心に展開する。

個人的に、いつも興味を持っているのが、2の商品戦略です。しまむらは、様々なメーカーから買い取っているんですね。SPAではないんです、プライベートブランドはあります。2009年時で、500ものメーカーから仕入れています。

ここで重要なのが価格と目利き。

仕入れ価格は各企業に競争させて、一番安いところから仕入れる。109系もかつてはあったはず。

目利きについては、バイヤー育成。女子の間で次にトレンドになるものは何か?バイヤーはそれを探るべく2ヶ月に1回、ヨーロッパ弾丸視察ツアーを3泊5日で行ってきました。1日で回るショップは40軒という、サッカーの応援もびっくりな弾丸ツアー。


益若つばささんで、一気に火が付いた時がありましたが、しまむらはそれだけではなく、常にイメージのコントロールもしています。しまむらは、実は埼玉と大分の百貨店にも出店しています。それから、ももいろクローバーZとコラボもしたり、雑誌「Popteen」7月号で神扱いされて話題になったり、「けいおん!」とコラボしたり・・・。巧みなイメージ戦略です。

僕がしまむらの人間だったら、メンズをもう少し吟味したいところ。誰でも入りやすい外観が、懐の深さを感じるので、しまむら好きな男性からオタクの人達までいる。チェックシャツでも配色とサイズに気を使う。無地のスウェットを多めに入れる。黒というより、ダークネイビー、ダークグレーの商品を入れるとか・・・。派手なプリント柄を減らす。そういう潜在市場はあるんじゃないのかな・・・なんて思ったり。

【セール関連】
YOOXが2013春夏を30%OFF それ以前のものを90%OFFセールに
期間限定:リーバイスEショップがメンズウィメンズMAX90%OFFのアウトレットセールへ
米国製ニューバランスのスニーカーが9000円台
LN-CCが370万円のクーポン+2名分のロンドン行きプレミアム・クラス往復航空券+ロンドン市内3泊分の宿泊をプレゼント

楽天市場






posted by No.9 at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブランド情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マーケティングを過信したらダメだよ。この両者には差別化もターゲティングもあまり関係してない。

純粋に「ブランドを意識してるユニクロ」、「コストと利益を削って超薄利多売を行うしまむら」ってだけ

Posted by at 2018年02月26日 16:59
コメントありがとうございます。
両者の方向性の違いは大きいと感じますね。
色々な意見を取り入れて、視野を広くもちたいですね。
Posted by No.9 at 2018年03月06日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック