オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年06月11日

世界のファッションスクールベスト50 2013

■日本のファッションスクールは果たして何位か?

アメリカの大手ファッションサイトFashionistaが2013年の世界のファッションスクールベスト50を発表しました。学校のメソッドから卒業生の活躍、授業料などのコスパも考慮されています。中途半端ですがベスト8からご紹介しましょう。意外な結果?となりました。 ファッションデザイナースクールの世界ランキングベスト5 2010と比較しても面白いです。

 

【第8位】

スクール名:Royal Academy of Fine Arts Antwerp(アントワープ王立芸術アカデミー)

学生:140人

年間授業料:8000ドル

有名卒業生デザイナー:アンドゥムルメステール、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク、
ドリスヴァンノッテン、マルタンマルジェラ、クリスヴァンアッシュ、ヴェロニクブランキー
ノ、ダーク・ビッケンバーグ、ブルーノピータース、ハイダーアッカーマン(中退)など

専門領域:イノベイティブなファッションデザイン

 

 

【第7位】

スクール名:文化服装学院

学生(デザイン)4000人

年間授業料:12677ドル-19030ドル

専門領域:ファッションデザイン

有名卒業生デザイナー:高田賢三、渡辺淳弥、山本耀司、コシノヒロコ、ツモリチサトなど

 

 

【第6位】

スクール名:La Cambre(ラカンブル)ブリュッセル

学生:704人

年間授業料:1900ドル-2600ドル

専門領域:ファッションデザイン

 

【第5位】

スクール名:Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne(エコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ)パリ

学生:ファッションデザイン240人

年間授業料:13230ドル

有名卒業生デザイナー:三宅一生、イヴ・サンローラン

専門領域:ファッションデザイン

 

 

【第4位】

スクール名:Kingston University(キングストンユニバーシティー)ロンドン

学生:ファッションデザイン200人

年間授業料:19200ドル

専門領域:ファッションデザイン

 

 

【第3位】

スクール名:Parsons The New School for Design(パーソンズ・ザ・ニュー・スクール・フ
ォー・デザイン) ニューヨーク

学生:ファッションデザインの大学生は1400人

年間授業料:36590ドル

有名卒業生デザイナー:ダナキャラン、マークジェイコブス、トムフォード、アナスイ、
アレキサンダーワン、ナルシソ・ロドリゲス、ジェイソン・ウー、ドゥーリー・チャンなど

専門領域:全体的にはFITに似て多岐にわたる。内容も似ている。ただ、様々なファッ
ション業界の企業、ジャーナリストとつながっており、その影響は強い。ネットワークと
いう点でも2位の座にあるのかもしれない。

 

 

【第2位】

スクール名:Roiyal College of Art(ロイヤルカレッジオブアート)ロンドン

学生:ファッションデザインは100人

年間授業料:42000ドル

有名卒業生デザイナー:クリストファー・ベイリー

専門領域:ファッションデザイン、テキスタイル

 

 

【第1位】

スクール名:Central St.Martins(セントラル・セント・マーチンズ校)

学生:ファッションデザインは1,200人

年間授業料:14900ドル-22000ドル

有名卒業生デザイナー:ポール・スミス、ステラ・マッカートニー、ジョンガリアーノ、ア
レキサンダーマックイーン、クリストファーケイン、フセインチャラヤン、ニールバレット、
ガレスピュー、リカルドティッシ、信國太志、キャサリン・ハムネットなど

専門領域:ファッションデザイン



というわけで、1位はセントラル・セント・マーチンズ校。ファッションスクールの双璧として君臨してきた、ベルギーのアントワープは随分とランクを落としました。時代は、イギリスとアメリカということでしょうか。日本は、7位に文化服装学院がランクイン。海外からも、良いイメージを持たれているようです。これから留学したい方は、上のリンクからご覧になってみてください。

【セール関連】
Adam et Ropeでイタリア製フェデリコゼルコのストールがセール
リーバイスEショップが再値下げアウトレット2品以上でさらに10%OFF
YOOX創設13年記念セール:40%OFFをさらに13%OFF
LN-CCがコムデギャルソンの書籍特集を開催「COMME DES GARÇONS IN PRINT」
LN-CCが370万円のクーポン+2名分のロンドン行きプレミアム・クラス往復航空券+ロンドン市内3泊分の宿泊をプレゼント
LN-CCがリックオウエンスをフィーチャー



posted by No.9 at 12:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このランキングの中の学校に行きたいと考えているのですが、どうやって年間授業料など調べたんですか?
Posted by kanno at 2016年09月20日 17:43
>kannoさん コメントありがとうございます。
前のブログ運営者が書いた記事なのでお答えできかねますが、恐らくアメリカの大手ファッションサイトFashionistaの記事内に、年間授業料や学生人数などが記載されていたかと思われます。
夢の第一歩を踏み出すことができるといいですね。
Posted by No.9 at 2016年09月20日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック