オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2013年06月22日

ポストプレッピー時代の到来?男性はファッションで新しい女性になる

■これからの世界のファッション業界の予測

Think Tank: Men Are the New Women* - WWD.com

Twenty-five years ago, 80 percent of men’s underwear was bought by women. That number today is probably down to 20 percent. Men are becoming more independent in their thinking and more adventurous in their self-expression of who they are defined by what they wear. The uniform that we have trained men to wear is ready for a big shift. We’re about to go from Prep, to what I call Post-Prep.

WWDが、未来のファッションの様子を予測するシンクタンクを紹介しています。
昨今の男性のファッションに対する意識と市場動向から「男性は新しい女性となる」という考えが掲載。なんとも気になる表現ですよね。

いわく、25年前ならアメリカの男性の下着の80%は女性によって購入されていました。母親だったり、奥さんだったり・・・ということですね。それが、今日では20%ダウン。

男性は、以前よりも着るという行為に独立した存在となった。そして、より自己表現としてファッションを捉えるようになっています。プレッピーの時代に学んできたユニフォームから大きなシフトが起こりそうだ、と。それが、プレッピーから「ポストプレッピー」という表現で書いています。

可愛らしいスカーフを巻くのは、アメリカのほうではゲイが多いそうですが、それも昔の話。ゲイかどうか関係なく身につけるファッションアイテム。日本でもお馴染み。そんなことも、このポストプレッピー時代の到来を宣言する発端となっているとのこと。

 

 

■ポストプレッピーとは

例えば、Eメールがプレッピーなら、ポストプレッピーはTumblr。プレッピーがプリウスなら、ポストプレッピーがテスラ。男性として、進化するときがポストプレッピーであるということが、例として表現されています。ちょっと私にはわかりにくい表現ではありますが(汗)。

そして、このメンズファッションの成長は、スケールという意味で言っているのではなく、市場への影響という意味で言っているんだ、と説明。浅く広くではなく、「濃い」という意味でしょうかね。
ジョンバルバトスは、輝かしくタレント性もあってアーティストだ。しかし、トムブラウンは天才であり、末端の市場を成長させた。そんなことが、ポストプレッピーの代表格として書かれています。

ポストプレッピーとインターネットというのは重要で、男性のネット市場の成長率は女性よりも上だそうです。もはや、男性の服装に伝統的なトラッドでかためるのは厳しいのではないか、というのがこの記事の趣旨なんですよね。いつまで昔のままでいるのかと。

クラシック至上主義の方だと、こういう意見は相容れない感じだと思いますが、男性も女性のように服でおめかしをする。極端に言うとバニーちゃんのように!て感じ。女性のように、服を個人で楽しむ・・・。アメリカでもこういう現象が起こってきたとしたら、確かにインペクトのあることです。

だが・・・断る(笑)。クラシックもモードも好きな私ですが、やっぱりメンズの代表的なスーツ、テーラードなんかでも、生地、カッティング、テクスチャーで無限の組み合わせがあります。それは、ウィメンズよりも目立たないかもしれないけど、はっきりと革命として受け入れられる。股上の長さなんかがその例なんですね。あとは、クラシックといった定番でも時代とともに進化していくこと。プレッピーが流行った時代よりも、今はシルエットが細くなっているのが一例。これら一見些細なことかもしれないところを大きく逸脱するのは、やっぱり難しいような気がします。
ポストプレッピーなんていう表現は、面白い表現だったので紹介してみました。

【セール関連】
LN-CCが50%OFFセールへ
Oki-niが2013春夏ものを50%OFFセール
Adam et Ropeでイタリア製フェデリコゼルコのストールがセール
YOOXが50%OFFセールをさらに13%OFFに




posted by No.9 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367214870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック