オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2007年03月24日

東京コレクション2007-2008A/Wに行ってきた!

サトルタナカ「僕が思うこと」

 

P3240003.JPG

 

上の画像が行ってきた証拠です(笑)招待状というか

チケットというか、本当にファッションショーの券も

コレクションの1つなので抽象的でよくわかりませんが、

手に入ったので行ってきました。サトルタナカ

テーマ「THINGS WHAT I THINK僕が思うこと)」です。

 

コレクションハイライトは以下にあるのでまずご覧ください。

 

http://www.cfd.or.jp/collect/aw07/highlight/s_tanaka/

 

・コレクションのデザインの感想

 

ものすごく奇抜なデザインではないものの、これからのトレンド

もいれつつ、かなりクオリティの高い作品だったと思います。

スーツにスニーカー、上はタイトだけど下は余裕のある

スラックス、たびたび使用されるエレガントなグレー色は世界の

モードと統一感を持たせていました。しかし、さすが田中了氏。

ただ、同じようなものばかりではありません。目を引いたのは

真っ白のガウン風コートと首を固定するギブスを彷彿とさせる

タートルニット。チェックの効いたファー付きダッフルコート、

上品な光沢感のあるブラックジャケットはブラボーの一言。

生で見たからかもしれませんが、はっきり言って全部欲しい(笑)。

シックだけどエレガント。まさに「美と微」そして陰を感じさせる

作品でした。

 

・コレクション全体の感想

 

私は、服の他にはモデルと音楽、空間の雰囲気にワクワクして

いました。そして、サトルタナカのコレクションは、

私の期待以上のものを与えてくれました。まず、

会場に入った時の印象はなんとも不気味さを

感じる程のライトの暗さ、そして霧が立ち込めて

いて、一気に引き込まれました。ランウェイはコの字型

に作られそれを椅子が取り囲む。あえてステージは作らない。

会場奥中央にはモダンなデザインの縦型のシャンデリアが

あるだけ。始まる前は、不協和音にも近いピアノの和声は時々

泡のようにポーン、ポーンと会場を優しく包み込む。これが

また不気味(笑)。

 

コレクションスタート。ピアノの強音での完全なる不協和音

がすさまじく会場に鳴り響く。恐怖を与えようかとも思うくらい

強くピアノの音が叩くように迫ってくる。そして会場は真っ暗に。

すると、ランウェイが明るくなり、テクノ系のビートを効かした

音楽が始まる。それによって外人モデル颯爽と登場。

モデルは全員外人だったんですが、スタイルがいいという

よりも、目のストイックさにやられました。彼らはやはりプロです。

音響はウーハーが効いているのか、体に振動が伝わるような

波長で会場全体に鳴り響きます。その一連の働きで

あっという間にコレクションの時間は終わってしまいました。

会場からは拍手。

 

サトルタナカのコレクション全てを通して、コレクションは

音楽のオペラのような1つの総合芸術のように感じました。

これからもちょくちょく東京コレクションには行きたいと

思います。

 

なお、サトルタナカは、2007-2008A/Wから

メンズラグジュアリーブランド「ポライトリー・サトルタナカ

を発表します。サトルタナカのコレクションを陰と陽の2つ

の世界に分けます。これにより、陰の部分をより

強調した作品をつくりつつ、それに反発する形で陽の世界

として、光沢感があり色彩豊かなラグジュアリー路線を

確立しようということだそうです。

とっても変わった分類のしかたでとても楽しみにしています。

 

とりあえずは、4月16日から始まるサトルタナカ×ユニクロ

でトップスゲットしたいなー。

ユニクロ史上最細のスキニーは無理です(笑)。

 



posted by No.9 at 17:25 | Comment(4) | TrackBack(1) | ブランド情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容よりTHINGS WHAT I THINKっていうめちゃくちゃな英語が笑えました。笑
Posted by MO at 2007年03月24日 18:14
ハイライトの写真にある、肩が特徴的な白いコートがメッチャ格好いいですね!欲しいです。ただ、絶対に10万は超えているでしょうね。昨季の秋・冬で、ラペルにチェーンの編み込んであるショールカラー・ジャケットが欲しかったんですが、高くて断念しました。僕は、ニールバレットとかを扱うサン・フレールの秋・冬展示会に出たんですが、ジャスト・カバリとジューシークチュールに素敵な服がありました。今から楽しみですね。
Posted by at 2007年03月24日 20:10
ハルプの展示会に行きたいッすね。
Posted by at 2007年03月24日 23:33
>MOさんへ

関係代名詞ということで・・・ご了承ください(笑)

>名無しさん1へ

私も白コート直で見ましたけどすごいデザインでしたよ。

>名無しさん2へ

ハルプ×ユニクロ
買えなかったんですよ(涙)
Posted by 武欄堂 at 2007年03月26日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サトルタナカ(SATORU TANAKA)
Excerpt: 「サトルタナカ(SATORU TANAKA)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年4月...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion
Tracked: 2007-04-28 10:10