オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2014年07月30日

日本は低利用の中古高級ブランド品が主流になっていく?

■C2Cとともに成長していく中古市場、出品代行兼保証会社的存在の台頭

The Business of Fashionにて、成熟している日本の高級ブランド市場の問題に対してほとんど使用されていない中古販売のプラットフォームが解決していくかもしれないという調査があるので紹介していきたいと思います。

日本では、顧客の手に渡ったもののほとんど利用されていないブランド中古服とアクセサリーが、6000億円から1.2兆円の範囲と言われる市場規模の中で存在感を出してきています。気持ちの理由で取っておきたい個人の高級ブランドがある一方、ほとんど利用していない高級ブランド品を簡単に売りたい人達もたくさんいるわけです。

日本市場は、C2Cサービス(消費者から消費者の取引)の過多とも言えるものがありました(ヤフオクなど)。しかし、高額なラグジュアリー品となると話が変わってきます。偽ブランド品への恐怖、品質保証の心配などの真実の欠如などが、取引にバリアを作ってしまう。知覚リスクが大きかったということですね。

 

この問題を解決するために、いくつかの信用のおける仲介業者が行動に移し、現在に至ります。国内に、10000を超えると言われるリサイクルショップなどの拡大、その鍵となるのが商品の名前ではなく、シンプルに本物であることを保証することにお金を出すということです。それが、取引をスムーズにするのを助けることになります。

この種のサービスで、日本において成功したのがアメリカに本社をおく中古品のサイトThe RealRealです。2013年に日本版ができました。グルーポンの以前の社長だった瀬戸恵介氏が社長に就任し、その後ルイヴィトンジャパンの元社長藤井清孝氏が社長になりました。

20140730134625

エルメスのバーキンとか、中古で74万円からですか。たぶん安いと思う。

本質的に、The RealRealは日本式のカスタマーサービスを有するハイエンド中古品ストアです。というのもThe RealRealは‘white glove service’をアピールしています。

ホワイトグローブとは上級ホテルでお客さまをお迎えするときに、また、美術品や宝飾品を扱うときにはめる白い手袋のことです。ホワイトグローブには「大切」「敬い」「信頼」「心からの接客」の意味が込められています。私たちが家事代行にコンシェルジュの役割をプラスした「ホワイトグローブ・サービス」としてお客さまをご訪問するときには、このホワイトグローブの使命をもってお客さまのご要望にお応えすることをお約束します。

ホワイトグローブサービス

スマホでアポを取ると、The RealRealのバイヤー(リセールコンシェルジュ)が家まで来て選定して会社に持ち帰るというシステムですね。そしてThe RealReal側が販売してくれるというサービス。 そしてフラッシュセールで販売されます。

売れた商品の60-70%の金額が販売者のものになります。これは、販売額の20-30%の金額しかならないかもしれないコメ兵やブランドオフ、大黒屋そしてブランディアよりもかなり高い割合なんですね。大量購入をしているが故のリスク分散の結果だそうです。

The RealRealの初年度の売上は、10億円に達する勢いだとか。以前からあるアメリカでは220万人いるメンバーシップに推されて、2年間で約65億円の売上。日本の社長である藤井清孝氏は、日本のポテンシャルは大きいと信じています。

このように、買い手は偽ブランド品の心配がなく安く買え、高い価格で売りたい消費者は委託してプロに代行してもらえるサービスC2Cファッションマーケットプレースが、今後増えていくだろうと言われています。

実際、出品代行兼保証会社的存在は、The RealRealのほかにRecloがありますね。こちらも会員数が増えていっているようです。新しいC2Cのサービスが、タンスに眠っている中古品に光を与えることになるのか、ちょっと注目です。

The RealReal

【話題】
芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ
キムタクのファッションいろいろ
キムタク主演「HERO」の衣装協力

【リンク】 Oki-niがMAX80%OFFをさらに15%OFF

posted by No.9 at 22:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 議論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レザーバッグみたいに直営で買えばリペアして長い間使えるものを中古で買うのはなんか嫌ですね
そういう使い方をしない層がターゲットなんでしょうが
というよりも貧乏人としては中古で74万はすさまじく高いってば
Posted by at 2014年07月31日 00:23
>名無しさんへ

僕ももちろん74万円は手が出ませんよ^^;
あくまで相対的な面でございます。
Posted by 武欄堂 at 2014年08月03日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402912023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック