オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2007年05月23日

通販で失敗しないために憶えておきたい知識

■通販でサイズやデザイン、イメージと違ったことありませんか?

 

毎日新聞から

「柄物のブラウスだったのですが、実物は色がはっきりとしすぎ、生地の感触もイメージと違った」。カタログ通販をよく利用する埼玉県の女性(58)は、購入した服を返品した理由をこう語る。

 通販で避けられないのが、この「イメージ」と「サイズ」の問題。通販大手のセシール(高松市)の返品理由の上位は、(1)イメージ違い(2)サイズが小さい(3)サイズが大きいで、この三つで9割を占めるという。ニッセン(京都市)も、返品理由はサイズ違いが40%、イメージ違いが35%(07年1~3月)にのぼった。

 サイズは、商品に表示してある寸法を丁寧に読むこと。ゆき、袖丈などは間違いやすいので注意が必要だ=イラスト参照。ただし、「アームホールや襟ぐりなど細かい寸法までは示せない」(ニッセン広報)という限界もある。井上さんは、「気に入っている服の仕上がり寸法をはかり、近いものを探すといい」とアドバイスする。

 イメージ違いも、なかなか難しい。米国系カタログショップ「日本ランズエンド」(横浜市)では、注文を受けるコールセンターにすべての商品をそろえ、スタッフが実物を触りながら質感を伝えるなどの工夫をしているが、「やはり、直接手に取るのとでは違う」(同社広報)という。

 井上さんは、イメージに合わない場合は、遠慮せず返品するよう薦める。セシールやニッセンは、商品到着後から所定の期間なら無料で引き取り、ランズエンドは返品引き取りと同時に交換品を無料で届けるサービスを行っている。「経験を重ね、気に入ったブランドを見つけると、通販はぐんと利用しやすくなります」と井上さんは話す。



イメージ違い(色を含めたデザイン、肌触りなど)とサイズで返品

理由が9割とはかなりすごい数字ですよね。ネット通販、ヤフオク

を利用している私も失敗したことが何回かあります。そんなときの

ために通販で失敗しないための寸法の知識などを取り上げて

おきたいと思います。

 

まずはサイズから。かなり方々失敗したことがあるのでは?

まずは自分のサイズを知っておかなければなりませんよね。

一番早いのは、百貨店などでプロに測ってもらうことです。

最低でも肩幅、身幅、袖丈、ウエストの4サイズは基本となる

ので必要です。注意点は測ってもらって、じゃあ、さようならじゃ

営業妨害になりかねないので、お礼にハンカチの1枚でも買っておく

ことをオススメします。これで自分の大体のサイズはわかりましたね。

 

次は、自分の持っている服を出してきて、通販のサイズと比べて

メジャーで測ってみましょう。また、それにはサイズの用語を

知っておくことですね。お店によっても違うので一概に断定できない

用語もあるのですが、大体で紹介していきます。ユニクロのサイズ表

が素晴らしいのでこちらを引用して加筆していきます。以下がリンク。

http://store.uniqlo.com/support/size.asp

トップスで重要になってくるのは肩幅と身幅、袖丈、着丈です。

しかしコートやパーカには肩幅がないものもあり、代わりに首の後ろ中心から

肩の先を通って腕の外側を通る、手首までの長さを測る手法もあります。

こういう服をラグナンといい、裄丈として測られます。

身幅は脇の下の直線ですが、胸囲というのもあります。女性のバストと同じ

意味だと思います。そしてトップスのウエスト幅というのもあるんです。

ユニクロにも載っていますが、上半身の下のほうの一番細い部分を意味

します。用語を憶えたところで、一番難しいと思われるジャケットを

取り上げてみます。ジャケットは、私の経験上で一番大切なのは胸囲及び

身幅です。肩幅は多少小さめでも胸囲と身幅が大きめなら結構入ります。

なので、胸囲と身幅が特に大事ということを把握して商品を見てみてください。

胸囲と身幅の測り方も、表の縫い目の左右幅で表現しているものもあれば、

表裏合わせた表記の仕方があります。例えば表の身幅48なら両面で96

という感じで表記されます。どちらかというと、片面だけのほうが両面よりも

気持ち小さめの測り方になっているかもしれません。

ボトムスでは、ウエストが重要なのは言うまでもありませんが、最近は

スキニーパンツが流行しているので、わたり幅(腿幅)にも気を使わなければ

なりません。ユニクロが詳しく解説しているので以下にリンクを貼ります。

http://store.uniqlo.com/size/bo_size02.html

基本的には、ウエストというのはユニクロの測り方がメジャーだと思うんですが、

中には内寸とか胴回りと言って、360°グルっと回した測り方があります。

この測り方だと、ユニクロの測り方の長さよりも1cmから3cmくらい長く表記される

可能性があるので注意が必要です。

まだ、細かく書けばありますが、基本的にはこれだけ憶えておけばサイズは

大丈夫だと思います。

 

デザインについて。簡単にいうと、

デジカメで撮られた商品は、現物よりも明るめの色で見える

ということがあります。なので、ここまでくると毎日新聞にもあるように

実際どんな感じかを出品者に聞くしかありません。

また、ジャケットなどを目線が上からで撮ると、肩幅の大きさが際立ち、

タイトに見えます。逆に下からの目線で撮られた画像は身幅が大きそうな

感じに見えゆったりめなのかな?という錯覚に陥るので実寸の長さをしっかり

見ましょう。

 

以上簡単に説明しましたが、やはり試着にかなうものはありません。通販で

ある以上、リスクを背負って買うことが必要です。そして合わない場合は、

返品することが大切だと思います。やはり経験がものいうと思います。

わからないことは納得がいくまで聞く、ということだと思います。

 

posted by No.9 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ 情報など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42684203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック