オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2016年02月07日

RIck Owens 2016-17年秋冬メンズコレクション


■フランス・パリで発表

bDPu9noPb5zZD4A1454849635_1454849894.jpg



リック オウエンス 2016年秋冬メンズコレクション - 移りゆく美意識、“生”の力がうねりを上げて|FASHION PRESS
支配と崩壊のバランスをとることで、美的価値を構築していったリック。
原理と道楽、不道徳とその敗北、建築と野生……。
様々な二項対立を背景に、生み出したワードローブは、これまでの直線的な美ではなく、有機的エネルギーが迸るものとなる。

もともと、レザーなどの素材をケミカルな加工で、人工物としての美しさとして演出することが多かったリック オウエンスだが、今シーズンは、生物の力がうねりを上げるように、“物量”が感じられるルックを数々披露。
かつてスカートを広げるために使用された針金「パニエ」を用いて、立体的なフォルムを構築したボトムスや、暑い布のモールスキンとウールのコンビネーションで形を固定したトップスなど、様々なシルエットが提案された。

“うねり”という表現が1番現れているのは、ワンピースのように床まで裾が伸びたパーカ。
モヘアやナイロンが採用され人工的な光沢を醸し出しながらも、躍動感のある息吹をガーメンツ自体から感じることができる。

しかし、そのようなコレクションの中でも、シンプルで美しいアイテムの輝きは損なわれない。
アシンメトリーな着こなしが特徴的なトレンチコートや、シンプルなテーラードジャケット、ブラジルの淡水魚ピラルクの革を使用したブルゾンなどが、パンチのあるボトムスと「対比」を強調するかのように存在する。

9ldE1tsXZb8NSVZ1454850037_1454850078.jpg

TI_hET8cayjwCSn1454850099_1454850119.jpg

アディダスのスニーカーが採用されていて、クラシックなアイテムを使用しています。
何かと話題になっていたリックオウエンスのコレクションでしたが、今回は白塗りの顔がちょっと引っかかりましたね。


【via】RIck Owens


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック