オススメ記事・考察
【本ブログオススメの本・ムック】

■書籍:ファッション関連のムック・本

【芸能人のファッション情報】

■ドラマ衣装協力など:芸能人のドラマ衣装・ファッションまとめ, キムタクのファッションいろいろ

【穴場ショップと攻略法】

■アウトレットなど:穴場:サンヨーGBアウトレットのご紹介, 御殿場プレミアムアウトレットの攻略法

【考察記事】

■男性服を研究:「洋服の話」は必読の本, 脱オタとはなんだろう?
■アニメと服:ファッション誌とマンガ文化の調和における考察, エヴァンゲリオンはファッションとアニメの親善大使?
■学問的:ファッションの流行メカニズムと社会学, コムデギャルソンの哲学を考える, ブリトラの根底-ダンディズムとは叛逆精神, 1995年からのファッションを考える『拡張するファッション』
■音楽と服:服はなぜ音楽を必要とするのか, ファッションショーの音楽に生ライブが多くなった理由
■私的スーツ論:1着は持ちたい自分に合ったスーツの選び方 初級, 9万円以下でつくる脱オタファッション スーツスタイル編, 20代後半の安価なファッションスタイルを考察
■お手入れ:スーツのお手入れ大事なポイント, 大人のシャツとネクタイのバランス論, 良いネクタイとシャツを選ぶコツ
■社会問題: 正規品VS偽ブランド品の中でおきる消費者のジレンマ

【ネットオークションの極意】

■ヤフオク:ヤフーオークションで安くブランド品を落札する5つの鉄則, ヤフーオークションで高級スーツを安く落札する5つの鉄則
■ヤフオク2:ヤフオクのストアランキングで安く安全に取引する方法, オークション出品者の心理を探る
■セカイモン:sekaimon(セカイモン)で安く安全に落札・取引する方法
■サイズ関連:通販で失敗しないために憶えておきたい知識

【運も味方,激安で服をゲットする方法】

■高級靴:50,000円以下の高級靴特集
■高級鞄:40,000円台以下の高級革使用のビジネスバッグ特集
■超裏技:D&Gのスーツを4000円で手に入れる方法
■力技:21,000円以内で高級スーツ6点セットを手に入れる方法

【Marketing】

■ブランド論:made in Italyが強い理由, 「銀座」というブランドイメージを再考察, ファッションの「定番」は時代とともに変化するのか, ココ・シャネルで学ぶブランドマーケティングの基礎
■fashion marketing:エディ・スリマンに聞くファッション業界の未来, 繊維産業の課題と希望, これまでのユニクロの勝因は何なのか?日本とアメリカの考察を比較,ファッションのPR活動の未来,
■消費者の服と心理:格差社会と言われてから今日までのファッション市場のあらまし,英国が考察する、日本経済とファッション消費への価値観の変化,英国考察:ファストファッションは今後消滅していくだろう,英国「日本の若者は高級ブランド品に対して財布の紐を閉めている」, ファッションのPR活動の未来,服を定価で買うのが馬鹿らしいのは、ワクワク感がないから

【メゾンマルタンマルジェラ特集】

メゾンマルタンマルジェラのカルトブランド力と3つの課題, メゾンマルタンマルジェラへのインタビュー全訳,ブログ記事を使ったマルタンマルジェラの計量テキスト分析

【その他特集いろいろ】

■モテ:女性にモテるスーツの着こなし
スニーカートレンド2011
■ルイヴィトン:ルイヴィトンの質屋特集
【全国のセレクトショップ特集】

■リアルショップ:東京のセレクトショップ特集, 札幌のセレクトショップ特集, 名古屋のセレクトショップ特集, 福岡のセレクトショップ特集, 仙台のセレクトショップ特集, 金沢のセレクトショップ特集, 神戸のセレクトショップ特集, 大阪のセレクトショップ特集, 京都のセレクトショップ特集, 全国のアイウェアのショップ特集
■ネットショップ:全国ネットショップ(オンラインショップ)特集
スポンサード リンク




2016年02月27日

COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2016-17年秋冬コレクション


■フランス・パリで発表

BQsoVrGrUr6BhDk1456578455_1456578486.jpg

cxXNHJ1DWx_bOJ31456578508_1456578534.jpg



コム デ ギャルソン・オム プリュス 2016年秋冬メンズコレクション - 戦えない甲冑|FASHION PRESS
最初に登場したのは、黒の上着に紺のパンツの3人の男。
ジャケットの肩には分厚いレザーのヨークが貼られていて、肘から下が別布で切り替えられている。
そして、警備中の騎士団のような張りつめた空気を放っている。

その後に続くモデルたちは、頭に大きな花をのせている。
ジャケットや燕尾服の肩には鎧のようなカバーが備え付けられていて、袖は可動域に合わせて3つに分割。
それぞれ違う色柄、素材が組み合わされていて、本来の鋼鉄ではないカラフルな生地だから、あんまり強そうな印象を受けない。
また、背中が燕尾服のディテールになっているシングルのチェスターコートやジャケットは、剣道の袴のようなハの字型の別布(袖と同じように4段になっている)が付けられている。

パンツも同様に複雑かつ立体的な甲冑のパターンを採用していて、黒のプレーントゥも甲の部分に革のパーツを三重にかさねている。
前半のメインカラーはブラック。
袖のブルー、ボールド、グリーンなどが黒の世界に彩りを与えている。

中盤に入ると、前半のコンセプトをウェアラブルにしたルックが登場。スーツのベースカラーはベージュとグレーに切り替わり、肩パッドは外され、袖の切り替えは4つになる。
洗いをかけた黒のトレンチコートや燕尾ジャケットは、袖から肩までをカバーしたようなものが被せられていて、とくに後ろ姿が男らしく個性的だ。
終盤にさしかかると、肩パッドが復活し、袖の配色がカラフルになり、花柄が増えていく。

最後は、シルバーのリベット使いで甲冑のシルエットを表現した黒一色の男たちがランウェイに。
フィナーレでは両手に花束を抱えて登場し、会場は鳴り止まない拍手喝采に包まれた。

_asUc4sq_IEjcHl1456578563_1456578603.jpg


甲冑のような装飾と頭には花がのっているというアンバランスゆえのインパクトが印象的でした。
鮮やかな花が会場を彩っていました。


【via】COMME des GARÇONS


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック